書籍紹介

書籍の購入は
こちら

書籍名 公営住宅・居住者運動の歴史と展望
著者 三村浩史監修/ 荻田武リムボン
判型 四六判
頁数 270頁
発行年月 1989年10月
定価 本体1,800円+税
ISBN ISBN4-589-01485-8
ジャンル 家族・生活問題
本の説明 全国公営住宅協議会の25年の運動の記録。公営住宅不要論、持ち家主義政策の矛盾を解明し、公営住宅の将来像、未来の住まいについて考える。1 公営住宅の誕生とその性質形式/2 現状と課題/3 居住者による運動の展開/4 目標と運動の方向
目次 公営住宅の現代的意義―監修者のことば
第一章 公営住宅の誕生とその性質形成
 1 公営住宅の歴史的経過
  ・ 労働運動および社会福祉の発達と公営住宅
  ・ 英国の公営住宅をめぐる歴史
  ・ 日本における公営住宅のあゆみ
 2 日英両国における公営住宅の性質比較
  ・ 住宅政策と福祉政策の結びつき
  ・ 公営住宅施策の比較
  ・ 日本における公営住宅の社会的成果
第二章 公営住宅の現状と課題
 1 公営住宅政策の現状
  ・ 八方塞がりの現状
  ・ 公共賃貸住宅供給の必要性
 2 公営住宅法の限界と活用
  ・ 公営住宅法制定の事情と理念
  ・ 公営住宅法の概要
  ・ 公営住宅法活用の方向
 3 公営住宅の住居費負担
  ・ 高額化する家賃
  ・ 増加する家賃滞納
  ・ 公営住宅の明け渡し制度
  ・ 家賃問題に対する提言
 4 地域特別賃貸住宅制度の出現
  ・ 地域特別賃貸住宅制度創設の背景
  ・ 地域特別賃貸住宅制度の概要
  ・ 地域特別賃貸住宅制度の問題点
 5 公営住宅の居住水準
  ・ 生活権としての居住環境
  ・ 最悪の居住水準
  ・ 住戸改善事業
  ・ 居住水準改善の方策
 6 公営住宅の建て替え問題
  ・ なんのために建て替えるのか
  ・ 優先入居制度としての公営住宅建替事業
  ・ 住要求の組織化について
  ・ 公営住宅建替事業の概要
  ・ 交渉過程にみる住要求の組織化
 7 住民主体のまちづくりと公営住宅建替事業
     ―大阪府営高槻東天川住宅の実態調査から―
  ・ 調査の目的と方法
  ・ 東天川住宅の立地条件と地域住民の階層構成
  ・ 東天川住宅における世帯変動と居住者階層の二極分化
  ・ 団地更新に対する周辺住民の要求とまちづくり協同の可能性
第三章 公営住宅居住者による運動の展開
 1 全国公営住宅協議会結成までの運動
  ・ 歴史を総括するにあたって
  ・ 全国公営住宅協議会の結成とその背景
 2 全国公営住宅協議会の主な運動
  ・ 八王子裁判の勝利
  ・ 割増賃料制度をめぐる裁判と教訓
  ・ 第六次法改悪反対の運動
  ・ 家賃値上げ反対運動
 3 入居者による公営住宅の評価
     ―全国公住協アンケート調査から―
  ・ 国際居住年における居住者調査
  ・ 公営住宅居住者の属性と設問に対する回答
  ・ 家賃滞納問題と家賃滞納経験世帯の性格
 4 これまでの住民運動の総括と教訓
  ・ 生存権・居住権の追及
  ・ 運動を通じての教訓
第四章 公営住宅の目標像と住宅運動の方向
 1 ヨーロッパ住宅見学の教訓
 2 公営住宅の目標像
 3 当面の住宅運動の目標
 4 地域社会からみる公営住宅
  ・ ソーシャル・ミックス(階層混合)論の検討
  ・ 福祉サービスの拠点としての公営住宅
 5 これからの住宅運動
あとがき
 

本を探す

書籍キーワード検索

詳細検索

書籍ジャンル検索