• TOP 
  • > 書籍ジャンル検索
  • > 政治学
  • > 「1968年」時代転換の起点

書籍紹介

書籍の購入は
こちら

書籍名 「1968年」時代転換の起点
著者 岡本宏
判型 A5判
頁数 482頁
発行年月 1995年2月
定価 本体11,000円+税
ISBN ISBN4-589-01842-X
ジャンル 政治学
本の説明 ベトナムのテト攻勢、プラハの春、文化大革命、若者の世界的反乱……68年は89年の大変動に連なる衝撃の年であった。68年の歴史的意味と時代的画期性を多面的に考察し、68年のエネルギーのその後の行方を考える。
目次 はしがき
 「一九六八年」関係略年表
 時代転換における「一九六八年」の画期性/岡本宏
  一 「一九六八年」問題への視角
     激動の時代と「一九六八年」/同時代における認識/
     「世界システム論」者の認識/冷戦体制と「一九六八年」
  ニ 「一九六八年」の衝撃と変動
     ベトナム戦争とテト攻勢の波紋/プラハの春とチェコ事件/
     中国文化大革命/日本の「一九六八年」
  三 「一九六八年」の時代的画期性
     冷戦体制解体への転機/ユートピア(イデオロギー)から現実へ
T 思想・民族・社会主義
 1 思想史における「一九六八年」―「近代」をめぐって/岩岡中正
     はじめに/近代の変容−人間の原理から抑圧の原理へ/
     一九六八年と近代批判/おわりに
 2 ネーションからエスニシティへ―民族・ナショナリズム論の転回/山口圭介

     はじめに/新エスニシティ論−ネーション・ビルディング論の批判/
     内植民地主義論−拡散モデルの批判/
     エスニク運動の暗転−八○年代の動向と二一世紀への展望/おわりに
 3 社会主義史における「一九六八年」―共感から幻滅へ/石川捷治
     はじめに/コミンテルン型社会主義の形成と発展−「一九六八年」の位置/
     社会主義における改革・再生の試みとその挫折/
     「若者の反乱」と変革への模索/おわりに
U 「南」の抵抗と自立的発展への模索
 4 ベトナム戦争の転換点としてのテト攻勢/小沼新
     はじめに/テト攻勢前史/テト攻勢/テト攻勢の成果と限界/転換の起点
 5 南北問題とASEANの結成/木村宏恒
     はじめに/地域同盟ASEANとアメリカの役割/
     ASEAN各国にとっての六七年の意味
 6 パレスチナ・イスラエル現代史における「一九六七年」
       ―「歴史的転換点」としての六月(六日)戦争をめぐる議論の一側面/臼杵陽
     はじめに/マシュリクにおける一九六七年戦争の歴史的意義/
     パレスチナ人にとっての「一九六七年」/イスラエルにとって「一九六七年」/
     おわりに
V 社会主義世界の変動
 7 中国社会主義の光と陰―「一九六八年」/喜田昭治郎
     はじめに/文革の経過/中国をめぐる国際環境/おわりに
 8 「プラハの春」のなかの民衆意識/星乃治彦
     はじめに/「プラハの春」の到来/「プラハの春」と民衆/改革の圧殺/おわりに
 9 ブレジネフ・ドクトリンと一九六八年以後のソ連・東欧関係/高山英男
     はじめに/地域的覇権国としてのソ連/
     一九六八年以前のソ連・東欧関係−地域的覇権の制度化と相互調整/
     一九六八年以後のソ連・東欧関係の変化−地域的覇権の衰退と巻き返し/
     おわりに
 10 ブレジネフ体制下の知識人と市民/松井康浩
     はじめに/異論派知識人/労働者と市民−独立労働組合と世論/
     若者の社会的逸脱行動/おわりに
W 「反逆」「抵抗」の噴出と体制再編の転機
 11 ベトナムでの挫折―ジョンソン不出馬声明/滝沢荘一
     はじめに/始まり/トンキン湾事件/北爆・戦争拡大/動揺/挫折/おわりに
 12 アメリカの夢―黒人公民権運動と一九六八年/石田正治
     ブラック・アメリカンとは?/アメリカ政府と公民権運動/
     ベトナム戦争と公民権運動/キングの死−公民権運動とアメリカの夢
 13 フランス一九六八年五月―政治的ユートピアの終焉/畑山敏夫
     はじめに/学生反乱と「五月危機」/政治プロジェの不在/
     労働者の六八年五月/五月事件の「正常化」と「政治」の復活/おわりに
 14 イタリア「熱い秋」覚え書/鈴木桂樹
     はじめに/展開/背景と特徴/「熱い秋」の意味/
     むすびにかえて−ポスト「熱い秋」の展開
X 「一九六八年」と日本
 15 日本の経済外交の新段階―東南アジアヘの経済援助を中心にして/黒木彬文
     はじめに/アメリカのアジア政策再編と日本/日本経済の高度成長/
     日本の東南アジア外交の展開/世界のなかの一極へ
 16 中国文化大革命と日本の知識人/佐藤瑞枝
     はじめに/文革の衝撃/近代合理主義批判/おわりに
 17 社会運動・市民・地域社会
             ―「エンタープライズ闘争」前後の佐世保を中心に/平井一臣
     はじめに/エンタープライズ入港まで/エンタープライズ入港/
     ソードフィッシュ号事件/反対運動の沈静化/むすび
索引
 

本を探す

書籍キーワード検索

詳細検索

書籍ジャンル検索