書籍紹介

書籍の購入は
こちら

書籍名 ナチス一党支配体制成立史序説
副題 フーゲンベルクの入閣とその失脚をめぐって
著者 熊野直樹
判型 A5判
頁数 344頁
発行年月 1996年11月
定価 本体7,000円+税
ISBN ISBN4-589-01972-8
ジャンル 政治学
本の説明 ヴァイマル体制の崩壊過程とナチスの一党支配体制の成立過程を、ナチスとの連立相手であるドイツ国家国民党に重点をおいて考察。通商政策をめぐる農業界と工業界、ユンカーと農民との2つの対立を軸に農業界の政治的影響力に新たな結論を導きだす。
目次 序論 問題の所在と課題
第1章 RLBの路線転換と輸入割当制の登場
 第一節 通商条約体制の成立と農業恐慌の勃発
 第二節 農民の急進化とRLBの路線転換
 第三節 輸入割当制の登場
第2章 パーペン内閣期における通商政策をめぐる政治過程
 第一節 通商条約問題と輸入割当問題
 第二節 輸入割当制をめぐる対立の激化
 第三節 輸入割当制をめぐる農工対立と閣内不統一
 第四節 RLBの失望と右翼統一戦線構想
第3章 シュライヒャー内閣とRLBの「突撃」
 第一節 RLBの「突撃」をめぐる研究の現状
 第二節 農業恐慌の激化とRLB指導部の危機感
 第三節 シュライヒャー内閣とRLBとの関係断絶
第4章 農工対立とフーゲンベルクの入閣
 第一節 輸出政策をめぐる農業界と重工業界との対立
 第二節 フーゲンベルクと工業界
 第三節 フーゲンベルクとRLB
 第四節 フーゲンベルクの「囲い込み」政策とその入閣
第5章 初期ヒトラー内閣におけるフーゲンベルクの通商政策
 第一節 フーゲンベルクの通商政策の展開
 第二節 フーゲンベルクの通商政策と工業界の対応
 第三節 オランダとの通商条約をめぐる閣内対立
第6章 フーゲンベルクの失脚とナチス一党支配体制の成立
 第一節 フーゲンベルクと農業界との関係断絶
 第二節 ロンドン世界経済会議
 第三節 フーゲンベルクの失脚とナチス一党支配体制の成立
結論
あとがき
BIBLIOGRAPHIE・邦語文献
人名索引
 

本を探す

書籍キーワード検索

詳細検索

書籍ジャンル検索