• TOP 
  • > 書籍ジャンル検索
  • > 社会一般
  • > 社会科学概論

書籍紹介

書籍の購入は
こちら

書籍名 社会科学概論
著者 高橋伸一編著
判型 A5判
頁数 260頁
発行年月 1997年5月
定価 本体2,600円+税
ISBN ISBN4-589-02011-4
ジャンル 社会一般
本の説明 「国家」「民族」というマクロから現代社会の「家族」「個人」などのミクロまでの様々な事象の関連を、政治学、経済学、社会学の視点から多角的・重層的に捉える。社会科学入門のためのトータルな概念書。
目次 はじめに
  社会科学とはなにか
  新しい知見に満ちた学問
  問題意識の形成のきっかけとしての〈社会科学概論〉
  本書の構成と学習の方法
 序章 社会の変動と社会科学
  1 社会科学の誕生と社会変動
  2 社会批判者としての社会科学
  3 社会変動への関心
第1部 変動
 1章 体制
  1 旧ソ連・東欧の体制転換とその経済的背景
  2 経済的破綻の原因
  3 「資本主義後の社会主義」とは何か
 2章 技術
  1 機械制大工業と資本主義
  2 技術と社会の歴史
 3章 世代
  1 世代と新人類
  2 青年期とモラトリアム
  3 世代間のギャップ
  4 青年の「役割」
第2部 人間
 4章 家族
  1 変貌する家族
  2 産業化、都市化と家族
  3 多様化する家族
 5章 地域
  1 地域の経済・社会構造
  2 広域経済圏と広域行政
  3 自治体の規模と分権
  4 地方分権のオルタナティブ
 6章 環境
  1 自然・人間・社会
  2 環境をめぐる全体論と個体論
  3 地域環境から地球環境まで
  まとめ
第3部 関係
 7章 紛争
  1 「資本主義世界システム」の形成と紛争の構図
  2 「冷戦」下のパワー・ポリティクスと紛争
  3 ポスト「冷戦」下の世界平和に向けて
     ―21世紀の国際社会と平和・人権・共存―
 8章 国家
  1 国家とはなにか?
  2 「国民国家」の“ゆらぎ”
  3 「国民国家」のゆくえ
 9章 労動
  はじめに
  1 サービス経済化の構造と要因
  2 日本的雇用慣行と雇用調整
  むすびにかえて
第4部 価値観・意識
 10章 情報化
  1 個人主義と情報化
  2 情報化による企業組織の変化
  3 企業組織は「ポスト資本制」へ
 11章 労働と男女
  1 歴史としての性別役割分業
  2 現代日本の女性労働
  むすびにかえて―若干の国際比較の試み―
 12章 生活文化
  1 消費は文化か
  2 消費者から生活者への「転換」
  3 モノ社会における「自己実現」
  4 自分らしさ
 13章 宗教
  1 宗教への視点
  2 戦後の社会と宗教
  3 若者とオカルト・ブーム
  4 死と宗教
 終章
  1 政治学の難しさと大切さ
  2 「地域」を見つめる眼
  3 経済学のおもしろさ
  4 企業社会と会社本位主義
  5 生活体験と問題意識
社会科学ブックガイド
あとがき
 

本を探す

書籍キーワード検索

詳細検索

書籍ジャンル検索