書籍紹介

書籍の購入は
こちら

書籍名 受け容れる,老いと死と悲しみと
著者 大町公
判型 四六判
頁数 192頁
発行年月 2002年8月
定価 本体1,800円+税
ISBN ISBN4-589-02597-3
ジャンル 哲学・倫理学
本の説明 生きることは苦しい。けれど、それも考え方しだいで人生は変わる。星野富弘氏の生き方や老父の闘病と死を通して考えた「老い」、柳田邦男『犠牲』を基にしたグリーフワークを柱に、あるがままを受け容れることの大切さを説く。
目次 はじめに
1 「生と死」の現在
 一 戦後の日本で、〈死〉はどう考えられてきたか
 二 現在、〈死〉はどう考えられているのか
 三 岸本英夫と上田三四二
 四 〈死生観〉、とりわけ〈死後の物語〉
2 人生をどう生きるか―星野富弘さんのこと
 はじめに―〈生きる〉
 一 星野富弘
 二 生きる意欲
 三 星野を支えたもの
 四 〈受け容れる〉ということ
3 「老いる」ということ―「死に時」はあるのか
 はじめに―老父、この一年―
 一 老いは社会的問題である
 ニ 新しい〈老い〉
 三 老親は施設に預ければいいのか
 四 「死に時」はあるのか
 五 〈老いの哲学〉
 六 「断食死」について
 おわりに―〈ボケ〉老人の生きる意味
4 悲しみを癒す―柳田邦男のグリーフワーク
 はじめに
 一 息子の自死
 ニ グリーフワークはどのように行なわれたのか
 三 なぜ『犠牲』を書いたのか
 四 「二人称の死」の視点
 五 「死後の物語」
 おわりに
5 「いのちの大切さ」を考える
 はじめに
 一 自分のいのちは自分だけのものではない―高史明のいのち論―
 二 「いのちの大切さ」をめぐって
 三 「死への準備教育」に何ができるか
6 受け容れる―私の「死への準備教育」
 はじめに
 一 「死への準備教育」
 二 「死への準備教育」のテーマ
 三 星野富弘さん
 四 自分を受け容れる
 五 ストア哲学
 六 どんな境遇でも幸せになれる
まとめ
参考文献
あとがき
 

本を探す

書籍キーワード検索

詳細検索

書籍ジャンル検索