書籍紹介

書籍の購入は
こちら

書籍名 労働契約法の新潮流/労働条件変更法理の再構成/契約労働をめぐる法的諸問題
シリーズ 日本労働法学会誌102号
著者 日本労働法学会
判型 A5判
頁数 244頁
発行年月 2003年10月
定価 本体3,200円+税
ISBN ISBN4-589-02696-1
ジャンル 学会誌
本の説明 司法制度改革と「労働」/木剛
労働契約法の新潮流――独仏の新制度をどうとらえるか
趣旨と総括/野田進
フランスにおける労働契約法の動向/奥田香子
ドイツにおける労働契約法制の動向/根本到
独仏の新潮流と日本法への示唆/野川忍
労働条件変更法理の再構成
趣旨と総括/盛誠吾
労働条件変更法理の再構成/
川口美貴・古川景一
契約労働をめぐる法的諸問題
趣旨と総括/毛塚勝利
「契約労働者」保護の立法的課題/永野秀雄
仲介型並びに下請け型委託就業による契約労働者保護の課題/小俣勝治
契約労働者の概念と法的課題/鎌田耕一
〈個別報告〉
中国における雇用の流動化と労働関係の終了/
山下昇
ベトナムの市場経済化と労働組合のドイモイ/
斉藤善久
ドイツにおける被用者概念と労働契約/皆川宏之
立法過程から見た労働関係の内閣提出法律案に対する修正/寺山洋一
〈回顧と展望〉
職務発明と「相当の対価」/奥野寿
業務委託に伴う出向とその延長/中内哲
 

本を探す

書籍キーワード検索

詳細検索

書籍ジャンル検索