• TOP 
  • > 書籍ジャンル検索
  • > 平和学
  • > アクター発の平和学

書籍紹介

書籍の購入は
こちら

書籍名 アクター発の平和学
副題 誰が平和をつくるのか?
著者 小柏葉子松尾雅嗣
判型 A5判
頁数 230頁
発行年月 2004年2月
定価 本体2,400円+税
ISBN ISBN4-589-02707-0
ジャンル 平和学
本の説明 戦争・人権・環境等のイシューでなく、NGO・国連・地方自治体・先住民等のアクター(行為主体)に焦点を当て、平和問題を新たな視角から考察したユニークな平和学入門書。諸アクターから見える多様な平和像と相互連関の抽出を試みる。
目次 はしがき
序章 国家の平和を越えて―新しいアクターの平和/松尾雅嗣
 1 国家の衰退と新たなアクターの登場
 2 アクターの活動領域と課題―平和の成立する場と目標
 3 暴力と平和
 4 平和学の課題
第1章 NGO発の平和―環境・経済・社会の融合を求めて/毛利聡子
 1 平和を追求するアクターとしてのNGO
 2 NGOが模索する平和
 3 NGOによるグローバルな規範の構築
 4 経済のグローバル化とNGO
第2章 国連の求める平和―国家間安全保障から人間の安全保障へ/庄司真理子
 1 国家の枠組みとしての国連憲章の平和維持
 2 紛争当事者問に介在する国連平和維持活動
 3 人間の視点から再考する国連の平和活動
 4 おわりに
第3章 平和を模索する地域協力―北欧協力の場合/大島美穂
 1 地域協力と国際政治
 2 「冷戦期」の安全保障体制―NATO、北欧会議、北欧非核兵器構想
 3 ポスト「冷戦」期の地域協カ―北欧諸国を超えた地域の形成
 4 北欧の地域協力と平和
第4章 「南」の諸国―小島嶼発展途上諸国の求める平和/小柏葉子
 1 小島嶼発展途上諸国とは
 2 地球温暖化によって水没する国々
 3 「核」の通り道として
 4 貿易自由化の波の中で
 5 小島嶼発展途上諸国の求める平和が提起しているもの
第5章 地方自治体―身近な政府からの平和/平井一臣
 1 自治体から考える戦争と平和
 2 安全保障問題と自治体
 3 自治体からの発信
 4 地域住民と自治体
 5 新たな連帯の試み
第6章 インドの先住民族社会と平和/真実一美
 1 インドの先住民族
 2 資源へのアクセス
 3 立ち退きへの抵抗
 4 自立への努力
第7章 外国人―国民国家のはざまに生きる人々/吉田晴彦
 1 日本社会と「外国人」
 2 外国人問題とは何か
 3 日本社会と外国人問題
 4 共感に基づく社会を目指して
第8章 個人―兵役拒否/積極的な不服従/市川ひろみ
 1 はじめに
 2 自由主義的兵役拒否
 3 代替役務型兵役拒否
 4 民間役務型兵役拒否
 5 選択的兵役拒否
 6 ドイツにおける兵役拒否
 7 イスラエルにおける兵役拒否
 8 日本における兵役拒否
 9 おわりに
あとがき
 

本を探す

書籍キーワード検索

詳細検索

書籍ジャンル検索