書籍紹介

書籍名 新版 判例貸金業規制法
著者 長尾治助監修・ 弁護士法人みやこ法律事務所
判型 四六判
頁数 324頁
発行年月 2005年10月
定価 本体3,600円+税
ISBN ISBN4-589-02822-0
本の説明 貸金業の規制に関係する法律と判例を整理し、その運用実態を多角的に検証する。初版刊行(1999年)以降の貸金業規制法や関連諸法の改正と新たな判例を踏まえ、実務家にも使いやすいよう大幅に見直し改訂。

この書籍は品切につき入手できません
目次 はしがき
第1編 判例貸金業規制法、
 第1章 判例貸金業規制法
  一 総則
  二 業務規制
  三 監督
  四 制限超過利息とみなし弁済
  五 過払金返還をめぐる問題点
  六 取引履歴の開示
  七 保証人の債務関係
  八 貸金業取引上のその他の問題事例
 第2章 関係法律による規制の検討
  一 マネーロンダリング
  二 消費者契約法からみた貸金業取引契約条項の検討
  三 手続法上の若干の論点
第2編 金銭貸付の適正化
 第3章 信義則と貸金業者の義務
  一 問題の所在
  二 信義則に基づく諸義務
 第4章 利息制限法と弁済供託
  一 本章の課題
  二 供託申請に対する取扱い
 第5章 イギリスにおける金利規制小史(1)――一六世紀から現代まで――
  一 はじめに
  二 利息禁止時代
  三 利息制限時代
  四 利息自由化時代
  五 むすび
 第6章 イギリスにおける金利規制小史(2)
      ――貸金業者法(一九〇〇―一九二七年)制定前後の法状況――
  一 考察の課題とその時代的背景
  二 裁判所の金利改訂権の定着
  三 貸金業者法と金利問題
  四 むすび
第3編 消費者信用取引法制の統一化問題
 第7章 日本での与信法制の統一化――統一法の規制対象を中心にして――
  一 信用取引法の変革
  二 与信形態と関係業務
  三 本法の規制に服する与信契約
 第8章 イギリスでの与信類型と与信法制の統一化
      ――イギリスでの与信取引類型と与信法制の統一化――
  一 本章の目的
  二 消費者信用の利用実態――意識調査――
  三 消費者信用取引の法的把握
  四 英国法による示唆と検討課題
 関連法規等
 判例索引
 

本を探す

書籍キーワード検索

詳細検索

書籍ジャンル検索