書籍紹介

書籍の購入は
こちら

書籍名 総批判 改憲論
著者 澤野義一井端正幸出原政雄元山健
判型 A5判
頁数 202頁
発行年月 2005年4月
定価 本体1,800円+税
ISBN ISBN4-589-02833-6
ジャンル 憲法
本の説明 改憲論の基底となる全体動向とその核心である9条、また統治・人権・教育の各争点まで含め憲法全般にわたり、立憲主義の観点および歴史的・思想的側面から改憲論をトータルに批判・検証した。護憲のための理論的根拠と視座を提示する。
目次  はしがき
第T部 改憲論の基底
 1 現代改憲論の歴史的本質
 2 国会の憲法調査会の総括
 3 改憲論における伝統とナショナリズム
 4 新自由主義と現代改憲論
 5 現代改憲論と公共性
 6 日本国憲法の価値と到達点
 7 立憲平和主義の展望と9条改憲の策動

第U部 改憲論の核心
 1 近代日本の平和思想
 2 近代日本のアジア体験
 3 集団安全保障・集団的自衛権と憲法の平和主義
 4 有事法制の本質
 5 戦後安保体制の変容
 6 「国際貢献」論の検討
 7 21世紀世界の平和運動

第V部 改憲論の争点
<統治>
 1 国会「改革」と首相公選制
 2 国民統合と直接民主制
 3 政党と選挙制度
 4 司法「改革」と憲法裁判制導入論
 5 地方自治と地方「分権改革」
 6 憲法改正国民投票法
<人権>
 7 「新しい人権」と改憲論議
 8 外国人の地方政治参画の権利
 9 家族とジェンダー
 10 内心の自由と日の丸・君が代
 11 政教分離と靖国問題
 12 治安強化と人権
 13 福祉と労働の権利
<教育>
 14 教育基本法「改正」批判
 15 国立大学法人化のなかの大学の自治
 16 私学助成は憲法違反か

 あとがき
 特別寄稿 一つのこだわり
 上田勝美先生の略歴・主要著作
執筆者紹介
 

本を探す

書籍キーワード検索

詳細検索

書籍ジャンル検索