• TOP 
  • > 書籍ジャンル検索
  • > 政治学
  • > ローカル・デモクラシーU

書籍紹介

書籍の購入は
こちら

書籍名 ローカル・デモクラシーU
副題 公共という政治的仕組み
著者 藪野祐三
判型 四六判
頁数 244頁
発行年月 2005年11月
定価 本体2,500円+税
ISBN ISBN4-589-02890-5
ジャンル 政治学
本の説明 政治学の対象としてのローカルと方法としてのデモクラシーを交差させ、地域中心の新たな生活空間を創造する思想的基盤を展開する。市民概念、権力論、NPO・NGOの政治性・営利性、ジェンダーなど今日的争点に迫る。
目次 はじめに
序章 ローカル・デモクラシーの政治学
      ―戦後政治学における市民概念の軌跡
 一 政治学のなかの市民
 二 戦後日本の政治的軌跡
 三 個人・市民・有権者
 四 グローバル化のなかの市民概念
第1章 ローカル・デモクラシーの「社会の主義」
      ―NPOにみる「社会主義」と「社会の主義」の狭間
 一 国家から社会へ
 二 政府・市場・社会
 三 組織と状況のデモクラシー
 四 市民と社会とNPO
第2章 ローカル・デモクラシーの権力
      ―分権型社会の政治的位相
 一 分権をめぐる二つの概念
 二 公的領域のなかの分権
 三 私的領域のなかの分権
 四 現代社会のなかの分権
第3章 ローカル・デモクラシーの公共政策
      ―「公」と「共」の概念をめぐって
 一 公共政策の可能性
 二 システム創造における「共」の発見―政策担当者と政策対象者
 三 システム実施における「共」の発見―システムとアクター
 四 システム空間における「公」の発見―「官民公私」論
 五 ローカル・デモクラシーの創造
第4章 ローカル・デモクラシーのNPO・NGO
      ―非政府という政府性と非営利という営利性
 一 社会概念の再発見
 二 地域社会のグローバル的必要性
 三 非政府組織と非営利という課題
 四 新たなNGO・NPOをめざして
第5章 ローカル・デモクラシーのジェンダー
      ―分権型社会とジェンダー問題
 一 分権型社会とは何か
 二 上からの分権(官官分権)
 三 下からの分権(生活分権)
 四 分権と規制
第6章 ローカル・デモクラシーの公私問題
      ―相克する公的領域と私的領域
 一 公的領域、私的領域、そして公共性
 二 収奪される私的領域
 三 埋め込まれた公的領域
 四 「問題付き合い型」社会への拓き
終章 ローカル・デモクラシーの可能性
      ―戦後日本の政治学の新たな飛翔
 一 グローバル化とは何か
 二 市民と市民性
 三 グローバル化する市民性
 四 政治学のなかの市民性
あとがき
索引
 

本を探す

書籍キーワード検索

詳細検索

書籍ジャンル検索