• TOP 
  • > 書籍ジャンル検索
  • > 経済一般
  • > ものづくり・ひとづくり

書籍紹介

書籍の購入は
こちら

書籍名 ものづくり・ひとづくり
副題 現場力がひらく企業の未来
著者 吉田秀明
判型 四六判
頁数 224頁
発行年月 2006年1月
定価 本体1,900円+税
ISBN ISBN4-589-02893-X
ジャンル 経済一般
本の説明 グローバル化のなかで生き残りをはかる日本の製造業の実践例を紹介し、それを支える人材育成の重要性をとく。現場力、革新的な技術の開発、環境との共生などをキーワードに、これからのものづくりに求められる指針を示す。
目次 はじめに/吉田秀明
第T部 空洞化に立ち向かう組み立て産業のものづくり・ひとづくり
 1 ものづくり経営の原点/平田雅彦
 2 ユビキタスネットワークと地球環境時代のものづくり/牧野正志
 3 企業永遠 人材有限/川口和三
 4 工場とものづくり/檀野博
 5 ダイキン工業のものづくり・ひとづくり/藤縄昭
 6 日本の技術開発力について/新田義雄
 7 トヨタ自動車のものづくりの原点 人と組織の活性化/渡辺捷昭
第U部 ものづくり・ひとづくりのパイオニア
 8 本多宗一郎氏と井深大氏にみるものづくり・ひとづくり/吉村久夫
 9 薄膜によるものづくり/美和武志
 10 サスティナブルな街づくり/三谷幸司
    ―屋上緑化都市なんばパークスを通して―
第V部 伝統的企業・老舗にみるものづくり・ひとづくり
 11 美術工芸織物からインテリアの未来へ/加藤鈴夫
 12 飛騨高山老舗料亭の後継者育成/角竹邦雄
 13 京懐石・美濃吉のひとづくり/佐藤真三
 

本を探す

書籍キーワード検索

詳細検索

書籍ジャンル検索