書籍紹介

書籍の購入は
こちら

書籍名 リーガル・カウンセリングの技法
シリーズ リーガル・スキル・ブックス第2巻
著者 中村芳彦和田仁孝
判型 A5判
頁数 198頁
発行年月 2006年3月
定価 本体2,200円+税
ISBN ISBN4-589-02929-4
ジャンル 司法制度・裁判実務
本の説明 クライアントが納得しエンパワーされるような弁護士面談の応答過程を〈リーガル・カウンセリング〉と捉え、その基礎理論とスキルをコンパクトにまとめた初のテキスト。ロースクールや弁護士研修の教材として最適。
目次 リーガル・スキル・ブックス・シリーズの刊行に際して
はじめに―リーガル・カウンセリングを学ぶ
第1章 リーガル・カウンセリングと弁護士
 1 弁護士の役割とリーガル・カウンセリング
 2 リーガル・カウンセリングの目標と構造
 3 リーガル・カウンセリングの基礎理論
第2章 弁護士面談の構造と技法
 1 弁護士面談の具体的構造
 2 弁護士面談の技法論
第3章 面談の準備
 1 法律相談の諸相
 2 事前情報の収集
 3 面談対象・方法の設定
第4章 面談の開始と展開
 1 面接の導入
 2 面談展開の技法
 3 弁護士面談の具体的展開
第5章 助言・収束
 1 積極技法
 2 問題構成
 3 選択肢の開発
 4 意思決定
第6章 面談の終了
 1 面談の終了段階への移行
 2 終わり方の基本
 3 1回の相談で終了する場合
 4 継続的な相談を前提とする場合
 5 事件受任を前提とする場合―事件を受任するかどうかの判断
 6 面談後の作業
第7章 面談にともなう諸問題
 1 問題のあるクライアント
 2 取引問題についての法律相談
 3 相談のメディエーション(Mediation)的展開
 4 相談から受任へ
第8章 ロールプレイの実践
 1 ロールプレイの実施方法
 2 〈ケース1〉―離婚事案
 3 〈ケース2〉―相続事案
 4 〈ケース3〉―損害賠償請求事案
 5 各ケースの振り返りのポイント
参考文献ガイド
あとがき
事項索引
 

本を探す

書籍キーワード検索

詳細検索

書籍ジャンル検索