書籍紹介

書籍の購入は
こちら

書籍名 日本国際経済法学会年報第15号
シリーズ 日本国際経済法学会年報
著者 日本国際経済法学会
判型 A5判
頁数 296頁
発行年月 2006年10月
定価 本体3,800円+税
ISBN ISBN4-589-02978-2
ジャンル 学会誌
本の説明 第15回研究大会報告。論題「国際経済法」・「国際取引法」のあり方を問い直す(座長:道垣内正人、報告:中川淳司、柏木昇ほか)。論題「法と経済学」の諸相(座長:根岸哲、報告:松村敏弘、川M昇、阿部克則、野村美明)
目次 【論説】
「国際経済法」・「国際取引法」のあり方を問い直す
    ―法科大学院発足・新司法試験開始を契機として
  座長コメント/道垣内正人
  国際経済法の射程と研究・教育のあり方/中川淳司
  国際経済法の射程と研究・教育のあり方/米谷三似
    ―中川報告に対する実務家としてのコメント―
  国際取引法の教育のあり方と射程/柏木昇
  法科大学院と国際取引法の教育・研究/杉直
    ―柏木報告に対するコメント―
「法と経済学」の諸相
  座長コメント/根岸哲
  法と経済学の基本的な考え方とその手法/松村敏弘
  独禁法における「法と経済学」/川M昇
  国際法における法と経済学/阿部克則
  国際私法の経済学的分析/野村美明
    ―現状と課題―
自由論題
  多数債権者間の国家債務再構築の法的枠組み/川名剛
    ―アジア債券市場の展開を契機として―
  ガット第20条における必要性要件/内記香子
    ―通商と非貿易的関心事項の調整メカニズム―

【文献紹介】
学会会報
編集後記
 

本を探す

書籍キーワード検索

詳細検索

書籍ジャンル検索