• TOP 
  • > 書籍ジャンル検索
  • > 憲法
  • > 憲法と議会制度

書籍紹介

書籍の購入は
こちら

書籍名 憲法と議会制度
シリーズ 現代憲法大系9
著者 杉原泰雄只野雅人
判型 A5判
頁数 440頁
発行年月 2007年4月
定価 本体5,400円+税
ISBN ISBN978-4-589-02991-1
ジャンル 憲法
本の説明 「危機的」かつ「機能不全」の状況にある日本の国会について、国会制度の原理・原則に焦点を当てて再検討する。比較憲法史的な視座から国会制度を考え、憲法に基づく「徹底した民意の反映」とは何かを考察する。
目次  監修者のことば
 はしがき
第一部 議会制度総論
 第一章 近代における三つの議会構想
  T 近代立憲主義型の議会構想
  U 外見的立憲主義型の議会構想
  V 「人民主権」の議会構想―フランスの場合とアメリカの場合
 第二章 古典的議会制から現代議会制へ
  T 近代における古典的議会制(「古典的代表制」・「純粋代表制」)としての具体化
  U 現代議会制としての展開
 第三章 現代議会制の諸課題
  T 「行政国家」状況への対応の問題
  U 国会制度に内在する限界の克服の問題―「充実した地方自治」体制の課題
  V 知る権利の問題
  W とくに政権党を統制する流動的世論の不可欠性
  X 「人民」によるその代表の政治責任を追及する制度
 第四章 明治憲法の帝国議会から日本国憲法の国会へ
  T 帝国議会の構造
  U 帝国議会の運用
  V 日本国憲法の国会を考えるために―第二部へのつなぎとして
第二部 日本国憲法の国会
 第一章 議会制
  T はじめに―議会制と憲法原理
  U 日本国憲法の制定と国会
  V 議会・民意・政党―議会制への諸像
  W 統治構造改革と議会制
  X 国民主権と議会制
 第二章 「全国民の代表」の意味―代表の基礎理論と議会制―
  T 代表と「民意」
  U 代表における等質性と多様性
 第三章 議会と「徹底した民意の反映」
     ―公権力の組織原理としての「人民主権」と日本国憲法の議会制―
  T 「全国民の代表」と政治的平等―「一人一票」の射程
  U 「全国民の代表」と多様性の代表―代表の「社会学化」をめぐって
  V 「全国民の代表」と政党
  W 「全国民の代表」と選挙制度
  X 「全国民の代表」と二院制
  Y 「人民主権」と議会制
参考文献
 索引(事項・判例)
 

本を探す

書籍キーワード検索

詳細検索

書籍ジャンル検索