書籍紹介

書籍の購入は
こちら

書籍名 「自立」を問う社会保障の将来像
シリーズ 社会保障法第22号
著者 日本社会保障法学会
判型 A5判
頁数 246頁
発行年月 2007年5月
定価 本体3,500円+税
ISBN ISBN978-4-589-03029-0
ジャンル 学会誌
本の説明 第49回大会「社会保障法と自立」(秋元美世ほか)、第50回大会「社会保障の法と政策:学際的な検討に向けて」(井上英夫ほか)の報告/書評/ほかを収載。
目次 ◆第49回大会◆
《シンポジウム》社会保障法と自立
  社会保障法と自立―自立を論じることの意義/秋元美世
  社会福祉サービス法と自立―個人と国家をつなぐ架橋の発見とその構築―/橋本宏子
  所得保障法と経済的自立(苦情解決制度を素材として)/堀勝洋
  生活保護法と自立―就労自立支援プログラムを中心として―/石橋敏郎
  医療保障法と自立―リハビリテーションの給付を中心に―/稲森公嘉
 質疑応答
 個別報告
  社会保障におけるインフォームド・ディシジョン
             ―エリサ法の積極的情報提供信認義務を素材に―/大原利夫
  ヴァイマル・ドイツ公的扶助制度における扶助実施責任/脇野幸太郎

◆第50回大会◆
《特別講演》社会保障法学の新たな課題/桑原洋子
《シンポジウム》社会保障の法と政策:学際的な検討に向けて
  企画趣旨/井上英夫
  「社会保障の一体的見直し」とナショナル・ミニマム/岩田正美
  財政学の立場から―体系だった社会保障改革に向けて―/神野直彦
  社会保障政策の現状と課題―近年のサービスの政策体系の動きを中心に―/辻哲夫
  社会保障法学と憲法学―具体と抽象の間で―/棟居快行
  社会保障の法と政策―社会保障法学の立場から―/井上英夫
 質疑応答
 個別報告
  公費負担医療における当事者関係―強制的な入院の確保と患者の同意の意義―/玉川淳

書評 河野正輝著『社会福祉法の新展開』(有斐閣、2006年)/木下秀雄
   嵩さやか著『年金制度と国家の役割―英仏の比較法的研究―』
               (東京大学出版会、2006年)/加藤智章
   新井誠・秋元美世・本沢巳代子編著『福祉契約と利用者の権利擁護』
                (日本加除出版、2006年)/阿部和光

判例回顧/清水泰幸
立法紹介/嶋田佳広
国際学会の動向/山田晋
学術会議だより/林弘子
大会報告欧文要旨
学会事務局からのお知らせ
学会編集委員会からのお知らせ
編集後記
 

本を探す

書籍キーワード検索

詳細検索

書籍ジャンル検索