書籍紹介

書籍の購入は
こちら

書籍名 日本国際経済法学会年報第16号
シリーズ 日本国際経済法学会年報
著者 日本国際経済法学会
判型 A5判
頁数 268頁
発行年月 2007年10月
定価 本体3,500円+税
ISBN ISBN978-4-589-03042-9
ジャンル 学会誌
本の説明 第16回研究大会報告。論題「国際経済取引紛争と対抗立法」(松下満雄、伊藤一頼、渡辺哲也、横溝大、佐久間総一郎)、分科会報告:公法系(濱田太郎、松隈潤、山根裕子)、私法系(宗田貴行、小川和茂、藤澤尚江)。
目次 国際経済・取引紛争と対抗立法
@わが国の対抗立法(損害回復法)の背景となる 米訴訟−1916年アンチ・ダンピング法による
 訴訟及び日本における訴訟提起差止訴訟−
AWTOの紛争処理における対抗立法の意義と射
 程
B我が国の「対抗立法」
C取引紛争と対抗立法−抵触法からの分析−
D実践的分析−産業界から見た「米国1916年アン
 チ・ダンピング法に関する損害回復法」の意義
 と問題点及び経済法の域外適用に対する対抗立
 法への期待−
第1分科会:公法系
@WTOにおける後発途上国問題
 −二重規範論の再検討−
A経済制裁措置の合法性の再検討
 −人道的免除措置を中心として−
BTRIPS協定の解釈をめぐる論争
 −ウィーン条約法条約との関連において−
第2分科会:私法系
@EUにおける競争法違反行為に係る民事的救済
制度の新たな展開??我が国の独占禁止法・景品
表示法への団体訴訟制度の導入について−
A取り消された仲裁判断の承認執行−近時の国際
 商事仲裁をとりまく状況の変化の中での再検討−
B国際債権譲渡金融における準拠法決定ルール
自由論題
 一般的経済利益のサービスの「阻害」に関する
 判例法理の展開と86条2項の機能
 −公共サービス事業におけるEC競争法の適用
 範囲:競争か公益か−
文献紹介
会  報
 

本を探す

書籍キーワード検索

詳細検索

書籍ジャンル検索