• TOP 
  • > 書籍ジャンル検索
  • > 平和学
  • > 日本から発信する平和学

書籍紹介

書籍の購入は
こちら

書籍名 日本から発信する平和学
著者 安斎育郎池尾靖志
判型 A5判
頁数 262頁
発行年月 2007年11月
定価 本体2,400円+税
ISBN ISBN978-4-589-03046-7
ジャンル 平和学
本の説明 日本の戦前・戦後の軍事化動向、平和運動の到達点、さらには歴史問題を概観するとともに、日本政府の安全保障・ODA・人権・環境などの諸政策を平和学から批判的に分析する。平和憲法の理念を軸に、「日本を/日本から平和学した」ユニークな入門書。
目次 序章 日本から発信する平和学

T 歴史から日本を診る
 第1章 軍事化する日本
 第2章 戦後日本のあゆみと平和運動の役割
 第3章 歴史問題の現在と解決の道

U 政府の政策を斬る
 第4章 日本の軍縮・不拡散政策
 第5章 日本の『人間の安全保障』政策
 第6章 日本のODA政策
 第7章 日本の環境政策
 第8章 日本の人権政策

V 平和創造と主体形成
 第9章 戦後日本の平和教育
 第10章 日本国憲法からのメッセージ
 終 章 平和創造の主体形成
      −「憲法を守る」から「憲法で守る」へ

 資料 日本近現代史略年表
 あとがき
 

本を探す

書籍キーワード検索

詳細検索

書籍ジャンル検索