• TOP 
  • > 書籍ジャンル検索
  • > 社会政策
  • > 社会的排除/包摂と社会政策

書籍紹介

書籍の購入は
こちら

書籍名 社会的排除/包摂と社会政策
シリーズ シリーズ・新しい社会政策の課題と挑戦第1巻
著者 福原宏幸編著
判型 A5判
頁数 280頁
発行年月 2007年11月
定価 本体3,300円+税
ISBN ISBN978-4-589-03051-1
ジャンル 社会政策
本の説明 ヨーロッパ諸国における社会的排除概念の発展と政策への影響を概観。ホームレス、母子世帯、不安定雇用の若者などの事例を取り上げ、社会的排除概念の日本への導入と実践を紹介する。格差や貧困などの議論にも言及。

  
目次 第T部
 第1章 社会的排除/包摂論の現在と展望
 第2章 社会理論から見た「排除」
     ―フランスにおける議論を中心に
 第3章 シティズンシップと社会的排除
 第4章 イギリスにおける社会的包摂政策と
     ボランタリー組織の役割
      ―近年の社会的企業への支援政策に着目して
第U部
 第5章 現代日本の社会的排除の現状
 第6章 日本における無年金,無保険世帯の
     実態と課題
 第7章 ホームレスの人びとに対する
     居住支援・住居保障
 第8章 学校教育における排除と不平等
     ―教育費調達の分析から
 第9章 日本における若者問題と社会的排除
     ―「適正な仕事」「活性化」「多元的活動」
     をめぐって
 補 論 日本の経済格差と貧困―研究の蓄積
 

本を探す

書籍キーワード検索

詳細検索

書籍ジャンル検索