書籍紹介

書籍の購入は
こちら

書籍名 規範と交渉
シリーズ 法動態学叢書・水平的秩序1
著者 樫村志郎
判型 A5判
頁数 276頁
発行年月 2007年11月
定価 本体3,800円+税
ISBN ISBN978-4-589-03061-0
ジャンル 法哲学・法社会学・法制史
本の説明 ビーチから民族関係までの、ありとあらゆる人間的秩序関係において、秩序が水平的に構築されるための条件と限界を扱う。社会の中で、人々自身の手による秩序形成のさまざまな局面に光をあてる。
目次 水平的秩序の法
 T グローバルな市場化のもとでの法秩序
 U 秩序
 V 法
 W 法秩序の動態的解明に向けて
 X 結論
リバタリアニズムの法構想
 T はじめに
 U リバタリアニズムの社会像と人間像
 V 国家法的秩序形成
 W 非国家法的秩序形成
 X むすびにかえて
グローバル化する社会と法
 T グローバル化と「国家の回帰」
 U EUと社会の「リージョナル化」
 V 社会にとって法とは何か
 W グローバル化する社会における
   法の新たな位置
市場か社会へ向けての比較法
 T はじめに
 U 今日の比較法教育
 V 比較法教育のモデルチェンジ
 W むすび
地域紛争と戦争
 T はじめに
 U 地域紛争の特徴
 V 旧ユーゴにおける内戦
 W 国際関係構造と戦争
戦争はなぜ選択されるのか
 T 政治交渉と武力紛争
 U 非対称情報と戦争
 V コミットメント問題と戦争
複数の国際公共財と国際協調
 T はじめに
 U 公共財
 V 複数の国際公共財供給の誘因構造
 W 最後に
なぜ、法・経済学・そして組織なのか?
 T はじめに
 U いくつかの歪み
 V 組織論
 W 統治構造としての企業理論
 X 公共政策への適用
 Y 契約と経済組織
 Z 結論
ナッシュ均衡時代の淘汰・再生メカニズム
 T 産業再生機構4年の総括
 U 再生の現場から見た会社経営の本質
 V 21世紀型の知識集約化時代における
   企業統治モデル再構築
 

本を探す

書籍キーワード検索

詳細検索

書籍ジャンル検索