書籍紹介

書籍の購入は
こちら

書籍名 対論 憲法を/憲法から ラディカルに考える
著者 樋口陽一× 杉田敦  西原博史× 北田暁大  井上達夫× 齋藤純一  愛敬浩二(コーディネーター)
判型 四六判
頁数 294頁
発行年月 2008年4月
定価 本体2,200円+税
ISBN ISBN978-4-589-03095-5
ジャンル 憲法
本の説明 憲法学、政治学、社会学、法哲学など気鋭の学者らが分野を越えて、国家・社会の根源的問題を多角的に徹底討論。「基調論考」を踏まえた対論は、新たな思考プロセスや知見を含み、〈憲法を/憲法から〉考えるための多くの示唆を提供する。

  
目次 コーディネーター:
愛敬浩二
(名古屋大学大学院教授/憲法学)

【憲法は何のためにあるのか】

樋口陽一
(東北大学・東京大学名誉教授/憲法学)
 VS
杉田 敦
(法政大学教授/政治学)

基調論考  それでも「公共」としての国家を
(樋口陽一)
基調論考  立憲主義・共和主義と政治
(杉田 敦)

「国家」を今、どう論ずべきか/国民の「飢餓感」
と改憲問題/国民の「飢餓感」にどう向き合うか
/「オム」と「シトワイアン」/戦後日本の教育は
なぜシトワイアンの創出に失敗したのか/「民
主主義」から「立憲主義」へ/「行政権までの民
主主義」をめぐって/「国民国家」という境界/
社会契約モデルは「国民」の歴史的責任を免罪
するのか/民主主義のあり方をめぐって/国
家と宗教/「個人の析出」という課題

【愛国心と教育】

西原博史
(早稲田大学教授/憲法学)
 VS
北田暁大
(東京大学大学院准教授/社会学)

基調論考  民主制における個人の自律性と
(西原博史)国民意識のジレンマ
基調論考  「反権力という権力」とナショナリ
(北田暁大)ズム

現在の教育現場と「愛国心」/「愛国心」をめぐ
る思想状況・社会状況/「戦後民主主義」と教育
/「リスク」としての子ども/「エンジニアリ
ング」という発想/「戦後民主主義」と「国民国
家」/平和教育の行方/「愛国主義」との付き合
い方/ネット時代の民主主義と愛国主義/「愛
国心」をどう超えるか

【自由と福祉】

井上達夫
(東京大学教授/法哲学)
 VS
齋藤純一
(早稲田大学教授/政治学)

基調論考  自由と福祉―統合原理としての
(井上達夫)リベラリズムの再定義
基調論考  自由の相互承認としての憲法
(齋藤純一)

「自由」をめぐって/「公共」をめぐって/「福
祉」をめぐって/「制度」の構想をめぐって/
憲法を論じる視点
 

本を探す

書籍キーワード検索

詳細検索

書籍ジャンル検索