• TOP 
  • > 書籍ジャンル検索
  • > 社会政策
  • > ワーク・ライフ・バランスと社会政策

書籍紹介

書籍の購入は
こちら

書籍名 ワーク・ライフ・バランスと社会政策
シリーズ 社会政策I
著者 久本憲夫玉井金五
判型 A5判
頁数 336頁
発行年月 2008年8月
定価 本体3,200円+税
ISBN ISBN978-4-589-03111-2
ジャンル 社会政策
本の説明 現代の企業社会の諸問題―長期安定雇用、賃金処遇、査定と昇進、労働時間、男女共同参画、職業能力開発−と最賃について、歴史をふまえたうえで今日の到達点と課題を提示。精緻な労働運動史から社会政策の動態を知る。

  
目次          目  次         

はしがき
 
序 章 社会政策の現在
  はじめに―社会政策の普遍化
  1 公正な「雇用関係」と「相互扶助」
  2 格差問題の変質
  3 「相互扶助」システムの変化
    ―少子高齢化の衝撃
  4 本書の構成

第1章 雇用政策
  はじめに
  1 雇用政策の歴史
  2 雇用保険支出からみた雇用政策
  3 これからの雇用政策
 
第2章 雇用形態の多様化
  はじめに―非正社員化の進展
  1 非正社員の増加と多様化
  2 非正社員化の背景
  3 正社員とパート労働者の賃金格差
  4 パート労働者の地位向上
  おわりに

第3章 長期安定雇用
  はじめに
  1 第二次大戦前の状況―頻繁な労働移動
  2 労働組合の解雇反対闘争
  3 オイルショック後(1970年代後半)
  4 国際比較
  5 最近の動向

第4章 賃金処遇制度
  はじめに
  1 第二次大戦後の変化
  2 賃金処遇制度の合理化
  3 高齢化,高学歴化と賃金処遇制度
  4 「成果主義」

第5章 査定と昇進
  はじめに
  1 人事管理制度としての査定制度と昇進
  2 査定制度の歴史的分析
  3 査定制度をめぐる「新たな」問題

第6章 労働時間
  はじめに
  1 第二次大戦後から高度経済成長期
  2 オイルショック以降
  3 労働時間管理をめぐる新たな問題

第7章 職場における男女平等
  はじめに
  1 男女間賃金格差の分析
  2 ポジティブ・アクションの効果
  おわりに

第8章 企業内教育訓練
  はじめに
  1 第二次大戦後の経緯
  2 近年の動向とこれからの課題

第9章 能力開発政策
  はじめに
  1 第二次大戦後の経緯
  2 近年の動向
  3 これからの課題

第10章 労働運動
  はじめに―労働運動と社会政策
  1 労働運動の政策志向の類型化
  2 戦後民主改革のもとでの労働運動
  3 企業別組合を超える運動の模索
  4 高度経済成長下の労働運動の展開
  5 低成長期の労働運動と労働戦線統一
  6 1990年代以降の労働運動の展開
    ―運動の後退と新たな活路の模索
  おわりに―労働運動の展望

第11章 最低賃金
  はじめに
  1 最低賃金制の歴史
  2 特定最低賃金(産業別最低賃金)  
  3 地域別最低賃金
  おわりに

索  引


 

本を探す

書籍キーワード検索

詳細検索

書籍ジャンル検索