• TOP 
  • > 書籍ジャンル検索
  • > 社会政策
  • > シティズンシップとベーシック・インカムの可能性

書籍紹介

書籍の購入は
こちら

書籍名 シティズンシップとベーシック・インカムの可能性
シリーズ シリーズ・新しい社会政策の課題と挑戦第3巻
著者 武川正吾編著
判型 A5判
頁数 250頁
発行年月 2008年8月
定価 本体3,300円+税
ISBN ISBN978-4-589-03112-9
ジャンル 社会政策
本の説明 ベーシック・インカムは実現できるのか。市民権をめぐる動向をふまえ、経済学・法学・政治学の立場から多面的に分析。財源を提示し、実現可能性を具体的に検討する。ワークフェアとの関連がわかる座談会も収載。

  
目次         目  次       

刊行にあたって

序 社会政策の20世紀から21世紀へ
 1 福祉国家と社会政策
 2 グローバル化・個人化と社会的排除
 3 ワークフェアとベーシック・インカム
 4 本書の構成

第T部 原理的な考察からの出発

第1章 21世紀社会政策の構想のために
 ■ベーシック・インカムという思考実験
 1 ピースミールからユートピアへ
 2 社会価値と社会政策
 3 社会政策における思考実験
 4 社会政策としてのベーシック・インカム
 5 ベーシック・インカムとは何か
 6 賛否両論
 7 ユートピアからピースミールへ

第2章 〈社会的排除〉の観念と〈公共的
    経済支援政策〉の社会的選択手続
 はじめに
 1 社会的排除の観念−集合-補集合関係
   のもたらす二次的不利性
 2 公共的経済支援政策の射程と枠組み
 3 社会的選択手続きの定式化
 おわりに

第3章 シティズンシップとベーシック・
    インカムをめぐる権利の理論
 はじめに
 1 シティズンシップと社会権
 2 社会権の法理−法的人間像をめぐって
 3 ベーシック・インカムと社会権
 4 権利の理論とベーシック・インカム
 おわりに

第4章 シティズンシップと
    ベーシック・インカム
 はじめに
 1 ベーシック・インカムと権利
 2 ベーシック・インカムと義務−互恵性
   原理を中心に
 3 ベーシック・インカムは義務としての
   シティズンシップを促進しないのか?
 おわりに

第U部 日本の現実への接近

第5章 ベーシック・インカム論が日本の
    公的扶助に投げかけるもの
   ■就労インセンティブをめぐって
 はじめに
 1 日本型福祉国家システムの
   「中核」−労使協調と動員
 2 日本型福祉国家システムの「周辺」−
   公的扶助受給者の「自立助長」をめぐって
 3 日本型福祉国家システムのゆらぎと
    2つの社会構想―ワークフェアと
    ベーシック・インカム
 おわりに―日本の公的扶助へのインプリケーション

第6章 基礎年金制度の類型とその決定要因
   ■ベーシック・インカムとの関係に
    焦点を当てて 
 はじめに
 1 各国における基礎年金の概要
 2 基礎年金の類型化
 3 ベーシック・インカム型年金の決定要因
 おわりに

第7章 日本の児童手当制度とベーシック・
    インカム
    ■試金石としての児童手当
 はじめに―問題の所在
 1 児童手当の所得制限はいかにして
   生まれたか
 2 所得制限はいかに児童手当を歪めたか
 おわりに

第8章 日本におけるベーシック・インカム
    に至る道
 はじめに
 1 「月額8万円で比例所得税率50%」
   提案の現在
 2 日本におけるBI実現の可能性
 おわりに

【座談会】
 ワークフェアとベーシック・インカム
 ■福祉国家における新しい対立軸
【座談会補論】
ベーシック・インカム資本主義の3つの世界
「ワークフェアとベーシック・インカム
 福祉国家における新しい対立軸」に寄せて
 

本を探す

書籍キーワード検索

詳細検索

書籍ジャンル検索