書籍紹介

書籍の購入は
こちら

書籍名 国際結婚論!?[現代編]
著者 嘉本伊都子
判型 A5判
頁数 184頁
発行年月 2008年10月
定価 本体1,900円+税
ISBN ISBN978-4-589-03119-8
ジャンル 社会学
本の説明 男と女の関係を通して、現代の日本社会、国際社会を読み解く。戦後における家族や女性をめぐる労働の変化、東アジアの国際結婚の実態を検証しながら、いまを生きる私たちの立ち位置と今後を考える。詳細な参考文献付。

    
目次 はじめに

 0 情報リテラシーとレポート得点アップの秘訣
  ・図表を読み解くエクササイズ―「記述」と「分析」
  ・国際結婚件数の推移でLet's try!
  ・レポート得点アップの秘訣

 1 日本の家族変容と国際結婚
  ・第T期(1965〜74年):なぜ高度経済成長
   期に国際結婚は増加しなかったのか
  ・第U期(1975〜84年):低成長時代と地方
   からの女性流出
  ・第V期(1985〜90年):バブル期とライフスタイル
   選択の自由
  ・第W期(1991〜97年):バブル崩壊と入管法
   改正
  ・第X期(1998年〜):「家族の戦後体制」への
   パラサイト化とその限界

 2 「主婦業」の外国人女性化
  ・日本人男性の国際結婚
  ・日本政府が許可する「主婦的仕事」・「娼婦
   的仕事」
  ・今後増大するであろう主婦的仕事?―「看
   護師・介護福祉士」

 3 アジア系ブライドの市場的価値!?
  ・日本人女性が結婚に求める条件・求めら
   れる条件
  ・花嫁は通販で―メール・オーダー・ブライドという
   市場
  ・日本人花嫁
  ・ヤマトナデシコ幻想とハイパガミー

 4 グローバル時代の家族形成
  ・女子学生の夢みる家族形成―36歳への道
   のり
  ・女性のライフ・コース別生涯賃金格差

 5 東アジアの中の日本 ■韓国と台湾、そして
   中国
  ・1985年は転換点―少子・高齢化する東アジア
  ・台湾の国際結婚
  ・韓国の国際結婚
  ・中国の男性はどうするのか?

 6 「ママは外国人」であるということ
  ・同一労働同一賃金?―外国人ママと日本人
   ママのパート賃金
  ・あなたの子どもが学校に通う頃
  ・ドメスティック・ヴァイオレンス(DV)の増加

 補 〈子ども〉を通してみる国際結婚の歴史
  ・国際結婚とインターマリッジ
  ・人種と民族
  ・エスニシティ(ethnicity)
  ・混血と「あいのこ」
  ・社会進化論者の国際結婚への賛否―生ま
   れた子は改良されるのか?
  ・「ハーフ」・「国際児(インターナショナル・チルドレン)」とい
   う和製英語
  ・クロス・カルチュラル・キッズ(CCK)


国際結婚関連文献リスト
おわりに
年  表
 

本を探す

書籍キーワード検索

詳細検索

書籍ジャンル検索