書籍紹介

書籍の購入は
こちら

書籍名 台湾法の歴史と思想
著者 後藤武秀
判型 A5判
頁数 188頁
発行年月 2009年9月
定価 本体2,400円+税
ISBN ISBN978-4-589-03179-2
ジャンル 法哲学・法社会学・法制史
本の説明 統治と抵抗の図式にとらわれない台湾法の鳥瞰図を提示する。第1部は日本統治下の台湾人固有の祭祀公業をよむ。第2部は第二次大戦後の国民党政権下の政治と法を紹介。第3部は文化から独自の法概念を探る。

目次 ■第1部 日本統治下の台湾法

第1章 台湾法史研究の意義
  台湾の歴史/台湾史の見方/日本統治時代の
  時期区分/法文化史の立場

第2章 日清条約と台湾の領有
  下関条約と台湾の割譲/台湾及澎湖列島住民
  退去条規/住民退去条規と裁判

第3章 台湾統治基本法の変遷
  台湾統治の基本方針/六三法の制定/三一法
  の制定/法三号の制定/法三号の施行と台湾
  の特殊事情の調整/委任立法と帝国憲法の関
  係

第4章 裁判所制度の創設と変遷
  裁判所制度の変遷/台湾における司法権の独
  立性/台湾領有初期における民訴不受理法/
  民訴不受理法の運用/民事争訟調停制度/南
  中国の領事館の裁判権

第5章 刑事法
  軍政時期の刑事法/民政時期の刑事法/「匪
  徒刑罰令」/犯罪即決制度/治安維持のため
  の諸施策/アヘンに関する罪/行刑

第6章 民事法
  民事事件の適用法/台湾の慣習


■第2部 第二次大戦後の台湾法

第1章 党国体制下の政治と法
  中華民国による台湾接収/中華民国憲法の制
  定/厳戒令と動員戡乱時期臨時条款/戒厳令
  と動員戡乱時期臨時条款下の法制度/民主化
  要求と弾圧/行政機構の矛盾

第2章 台湾経済の発展と戒厳令解除後の法
  戦後の台湾経済/憲法修正/国家発展会議以
  降の憲法修正/会社法改正

第3章 戦後台湾における祭祀公業の変遷
  解体整理か再編か/中華民国期における祭祀
  公業の整理/祭祀公業解体整理の事例/財団
  法人祭祀公業の新設/祭祀公業の将来


■第3部 台湾人の法概念

第1章 台湾における罪観念
     ―『玉歴鈔伝』の描く罪とその予防
  勧善懲悪思想の復活/『玉歴鈔伝』の概要/
  地獄十殿と罪/『玉歴鈔伝』に見られる罪の
  類型/現代社会に示唆するもの

第2章 法文化と食文化
  法文化の一側面としての法行動/食文化の比
  較/法行動の比較/行動を促す要因―国家に
  対する信頼度

資  料

参考文献

あとがき
 

本を探す

書籍キーワード検索

詳細検索

書籍ジャンル検索