書籍紹介

書籍の購入は
こちら

書籍名 学生が語る戦争・ジェンダー・地域
著者 星乃治彦監修・ 福岡大学人文学部歴史学科西洋史ゼミ編著
判型 A5判
頁数 254頁
発行年月 2010年2月
定価 本体2,400円+税
ISBN ISBN978-4-589-03228-7
ジャンル 歴史
本の説明 現代の大学生が共同でつくりあげた帝国史アラカルト。帝国と地域をキーワードに様々な観点から考察したゼミ生による研究成果を収録。史学研究の多様性と可能性、そのおもしろさを伝える。

目次 プロローグ 「学生報告」という挑戦


■第T部■戦争/二〇世紀について考える

第1章 誰がための戦争か?
    イギリス総力戦体制と女性

第2章 記憶される勝利 忘却される悲劇
    ホロコースト・原爆・ヴェトナム戦争

第3章 支配される者からのまなざし
    ポストコロニアリズムからみるアルジェリア・タタール

 ▼座談会1 「戦争」について考える
 ▼コラム1 学生報告という経験


■第U部■ジェンダー/国民国家について考える

第1章 「愛し合う」家族のはじまり
    フランス革命期における家族ロマンスの転換

第2章 「女らしさ」の作法
    ヴィクトリア期イギリスにおける女性・階級・規範

第3章 「男らしさ」の系譜
    近現代ドイツにおける男性性の変遷

第4章 この身体は「わたし」のものか?
    20世紀アメリカにおける避妊・中絶問題

 ▼座談会2 「ジェンダー」について考える
 ▼コラム2 Communication


■第V部■地域/帝国について考える

第1章 名ばかりの「帝国」?
    近世神聖ローマ帝国における「帝国の一
    体性」と帝国クライス制度

第2章 「ユニオンジャック」の秘密
    「長い18世紀」における「ブリテン」と地域
    アイデンティティ

第3章 「多民族共生」の黄昏
    オスマン帝国の多元的共存システム

第4章 「虚構」の国家
    イタリアのなかの地域・国民国家・EU

 ▼座談会3 「地域」について考える
 ▼コラム3 学生報告で得たもの
 ▼座談会4 「歴史学/歴史学科」について考える
 ▼コラム4 歴史はおもしろい!


エピローグ 歴史学と私―私たち


あとがき/編集後記/End Credit
 

本を探す

書籍キーワード検索

詳細検索

書籍ジャンル検索