書籍紹介

書籍の購入は
こちら

書籍名 民主化支援
副題 21世紀の国際関係とデモクラシーの交差
著者 杉浦功一
判型 A5判
頁数 240頁
発行年月 2010年3月
定価 本体4,600円+税
ISBN ISBN978-4-589-03244-7
ジャンル 国際関係・外交
本の説明 冷戦終結以降活発化した民主化支援活動の全般的動向と各地の実態を踏まえ、民主化支援が国際関係全体にとってどのような意義をもつのかを国際関係論の諸理論から明らかにする。支援過程で生じている諸問題を検証のうえ、今後の課題を探る。
目次 序 章 民主化支援の現在
 民主化と民主化支援の現状/民主化支援とは何
 か/民主化支援研究の現状と本書の研究手法/
 民主化支援と国際関係/本書の組み立て

第1章 民主化支援の分類
 はじめに/民主化支援のアクター/民主化支援
 のレベル―国内レベルと国際レベル/民主化支
 援の内容/小括

第2章 民主化支援の歴史
 はじめに/冷戦終結後の民主化支援活動の急速
 な発達/1990年代後半からの民主化支援活動の
 発達と変化/民主化支援への「バックラッシュ(反動)」
 /小括

第3章 民主化と民主化支援
 はじめに/民主化の過程/民主化の過程と民主
 化支援の「経路」/民主化支援の実績/小括

第4章 デモクラシーおよびガバナンス評価と民
    主化支援
 はじめに/デモクラシーとガバナンス/デモク
 ラシーおよびガバナンスの評価をめぐる議論/
 デモクラシーおよびガバナンス評価の歴史と課
 題/小括

第5章 国際連合と民主化支援
     ―国連民主主義基金(UNDEF)の活動を
      中心に
 はじめに/国連による民主化支援体制の現状/
 国連民主主義基金(UNDEF)の活動内容と課題/
 小括

第6章 平和活動と民主化支援
     ―デモクラティック・ピースの構築へ向けて
 はじめに/民主化研究と民主化支援の経験から
 /国連の平和活動における民主化支援の現状と
 課題/小括

第7章 日本と民主化支援
     ―1990年代以降の日本の民主化支援活
      動
 はじめに/日本の民主化支援活動に関する先行
 研究/日本の民主化支援の歴史/日本の民主化
 支援の実践/小括

終 章 民主化支援の課題
 はじめに/これまでの考察/民主化支援の特徴
 と傾向/民主化支援の課題―「正当性」と「実効
 性」の観点から/民主化支援研究の課題

あとがき
 

本を探す

書籍キーワード検索

詳細検索

書籍ジャンル検索