書籍紹介

書籍の購入は
こちら

書籍名 都市環境行政法論
副題 地区集合利益と法システム
著者 岩橋浩文
判型 A5判
頁数 330頁
発行年月 2010年12月
定価 本体6,600円+税
ISBN ISBN978-4-589-03309-3
ジャンル 行政法
本の説明 行政法学の立場から、都市環境空間における地区レベルの公共的利益を「地区集合利益」として識別し、それを保護する理論的枠組みとその効果を実証的に提唱する。
〔第37回東京市政調査会藤田賞受賞〕
〔2011年度自治体学会研究論文賞受賞〕

  
目次 はしがき

序 説
 T 第三者の利益の捨象
 U 地域レベルの公共的な利益を提唱する必要
   性
 V 本書の課題と構成


第1章 地区集合利益の法的位置づけ
 T 行政法学における生活環境上の利益をめぐ
   る法的状況
    利益の保護を図る学説の展開と課題/利
    益の保護を阻む伝統的行政法理論の後退
    /実体法上の利益としての地区集合利益
    の把握
 U 裁判例における生活環境上の利益の判断・
   認定状況
    景観利益/良好な居住環境を保つ利益/
    安全な居住環境を保つ利益
 V 先進的条例による生活環境上の利益の保護
    横須賀市における条例化の取り組み/開
    発許可等条例による利益の保護/土地利
    用調整条例による利益の保護
 W 地区集合利益の理論的把握
    法律上の利益に係る課題と展望/地区集
    合利益の識別/共通利益、凝集利益との
    異同


第2章 地区集合利益を具現する手続とその効果
 T 建築協定の認可手続による利益の具現
 U 地区計画の策定手続等による利益の具現
 V 地区街づくり計画等の策定手続による利益
   の具現
 W 景観計画の提案手続等による利益の具現


第3章 地区集合利益の保護に関わる手続とその
    効果
 T 市民参加手続による利益の保護
 U 公聴会等の開催手続による利益の保護
 V 設定図面等の公開手続による利益の保護
 W 利益調整手続による利益の保護
 X 三面的な合意形成手続による利益の保護

第4章 地区集合利益の具現・保護に関わる手続
    の活用策
 T 各手続の連続的・動態的な活用
 U 代表的な手続の補完的・連携的な活用
 V 地区計画の申し出手続の定型的な活用

結 語
 T 地区集合利益の描出
 U 地区集合利益の現実化
 V 行政法的異議・効果
 W 地区集合利益の射程
 X 残された課題


判例索引
事項索引
 

本を探す

書籍キーワード検索

詳細検索

書籍ジャンル検索