書籍紹介

書籍の購入は
こちら

書籍名 ケアと尊厳の倫理
著者 葛生栄二郎
判型 A5判
頁数 214頁
発行年月 2011年2月
定価 本体2,800円+税
ISBN ISBN978-4-589-03316-1
ジャンル 法哲学・法社会学・法制史
本の説明 ケアとは相手に注意・関心をもつこと―人間の尊厳とは何かという考察をもとに、ケアの本質を探り、ケアリング関係の重要性を説く。〈正義〉とケアの関係にも論及。

目次 緒言

はじめに

第一章 〈人間の尊厳〉はどこにあるのか
 1 多義的で曖昧な〈人間の尊厳〉
 2 〈人間の尊厳〉の思想史
 3 現代の〈人間の尊厳〉論
 4 自律性根拠説とその限界
 5 所有の論理と存在の論理
 6 尊厳感覚
 7 クローン人間の尊厳

第二章 ケアの本源性とケアリング・ネットワーク
 1 極楽を見た男の話
 2 ケア倫理の発見
 3 ケア倫理とジェンダー
 4 ケアの本源性
 5 互酬性ネットワークと法
 6 ケアは互酬性を超える
 7 ケアと尊厳のサイクル

第三章 ケアと正義を結ぶもの
 1 温情車掌
 2 ケアと正義のディコトミー
 3 ケアと正義の相互浸透性
 4 ケア―正義統合論
 5 ケアと正義の統合原理としての
  〈人間の尊厳〉
 6 互酬的正義から共感的正義へ

おわりに

引用文献一覧
 

本を探す

書籍キーワード検索

詳細検索

書籍ジャンル検索