書籍紹介

書籍の購入は
こちら

書籍名 低炭素社会への道程
副題 ドイツの経験と地球温暖化の政治・経済学
著者 遠州尋美柏原誠編著
判型 A5判
頁数 240頁
発行年月 2011年1月
定価 本体2,600円+税
ISBN ISBN978-4-589-03317-8
ジャンル 環境問題
本の説明 2009年12月のCOP15サミットの検証を通し、地球温暖化対策の論点を整理。環境先進国ドイツの取り組みに学び、日本の防御的な後ろむきの姿勢を正し、すすむべき方向と課題を提言する。

    
目次 はしがき:COP16を振り返って


序章 「2013年以降」とその展望
 はじめに/待ったなしの地球温暖化対策/
 COP15をどう評価するか/後退の危機にある日
 本の地球温暖化対策/本書のねらいと構成


●第T部●環境先進国ドイツに見る低炭素社会
     への道

第1章 脱化石・脱原発を目指す
   ドイツの環境エネルギー政策
 はじめに/NHK特集「低炭素社会に踏み出せる
 か」/ドイツの温暖化対策/ドイツの脱原発政
 策/おわりに

第2章 環境首都フライブルクの都市交通政策
 はじめに/都市交通政策の現代的意義/フライ
 ブルク市の都市交通政策/総合的交通政策の効
 果/おわりに―日本への含意

第3章 市民参加型エコ住宅地づくり
    ―フォーラム・ヴォーバンとその経験
 はじめに/ヴォーバン地区の概要と計画プロセ
 スの特徴/交通コンセプト「自動車が無くても
 便利に暮らせるまち」/ヴォーバン地区の低エ
 ネルギーコンセプト/おわりに―ヴォーバン地
 区で得られた成果

第4章 市民が主役の再生可能エネルギー普及
    ―シェーナウEWSとフライアムト村
 はじめに/市民所有の配電会社―シェーナウ市
 民の挑戦/電力を輸出する村―フライアムト/
 おわりに


●第U部●地球温暖化問題の政治・経済学

第5章 地球温暖化防止の国際的枠組み
 はじめに/地球温暖化の国際制度―気候変動枠
 組条約と京都議定書/「2013年以降」の国際制度
 をめぐる動向/拡大する炭素市場とその機能/
 むすびに代えて

第6章 環境税と排出権取引
    ―温暖化防止の経済インセンティブ
 はじめに―福田ビジョンに排出量取引が盛り込
 まれた経緯/日本の気候変動政策と経団連自主
 行動計画/排出量取引制度の制度設計/排出量
 取引制度の理論と実際/試行排出量取引スキー
 ムと今後の行方/環境税とその意義/まとめ―
 低炭素社会への道

第7章 低炭素社会を拓く再生可能エネルギー
 はじめに/資源・エネルギー問題としての地球
 温暖化問題/再生可能エネルギーの経済効果/
 再生可能エネルギー普及をどのように進めるの
 か/おわりに―市場が先か、技術革新が先か

第8章 低炭素社会への環境経済戦略
 はじめに/地球温暖化問題の多面性/地球温暖
 化防止長期目標の持つ意味/エネルギーの持つ
 意味/地球温暖化防止の環境経済戦略―トレー
 ドオフの克服/デカップリング戦略と炭素の価
 格付け/持続可能なまちづくり/地域から進め
 る温暖化防止/おわりに―「地域公共人材」を結
 集して

終 章 ドイツに学ぶ低炭素社会への道
 はじめに/日独における地球温暖化対策の到達
 点/ドイツの低炭素社会を導いた経済インセン
 ティブ/確実な目標達成を担保する手段―拘束
 力ある協定と統制的手段/ドイツの経験から何
 を学ぶのか/おわりに―日本の進むべき道


あとがき
 

本を探す

書籍キーワード検索

詳細検索

書籍ジャンル検索