• TOP 
  • > 書籍ジャンル検索
  • > 政治学
  • > 現代アメリカ政治外交史

書籍紹介

書籍の購入は
こちら

書籍名 現代アメリカ政治外交史
著者 安藤次男
判型 A5判
頁数 204頁
発行年月 2011年10月
定価 本体2,400円+税
ISBN ISBN978-4-589-03366-6
ジャンル 政治学 国際関係・外交
本の説明 対外的な帝国主義化と国内的な民主化が同時に存在するアメリカはいかに形成されたか。国際社会に大きな影響を与え続けるアメリカ政治の特質を、外交と内政の両面から精確に分析。

  
目次 はじめに

第1章 第1次世界大戦とアメリカ
 ウィルソン大統領の中立宣言と参戦の決定/自
 由権の制限/政府は国際主義、国民は孤立主義
 /内向きのアメリカ、繁栄のアメリカ

第2章 大恐慌とアメリカ
 大恐慌の衝撃/ニューディールの時期区分/ニ
 ューディールの商工業政策とその政治的結果/
 ニューディールの農業政策とその政治的結果/
 ニューディールの労働政策社会政策とその政治
 的結果/アメリカ自由主義の形成

第3章 善隣外交とアメリカ
 アメリカ大陸主義/パクス・ブリタニカの終焉
 /通商拡大政策/不干渉政策―モンテビデオ会
 議/ブエノスアイレス会議/西半球共同防衛体
 制

第4章 第2次世界大戦とアメリカ
 1935年中立法、1936年中立法/1937年中立法、
 隔離演説、ミュンヘン協定/第2次世界大戦の
 勃発と1939年中立法/第2次世界大戦への参戦
 と国内政治/真珠湾事件と日系人問題

第5章 冷戦とアメリカ
 ヤルタ会談と戦後処理/トルーマンドクトリ
 ン、マーシャルプラン、ドイツ分裂/世界機構
 の創設と5大国制/米ソ協調の世論、リベラル
 派の分裂、政策決定者の移行

第6章 スエズ危機とアメリカ
 スエズ危機、米英の対立、パクス・アメリカー
 ナ/ナセルのアラブナショナリズム/スエズ危
 機と英仏の後退/マッカーシズムの時代/反共
 主義の国民的基盤

第7章 キューバミサイル危機とアメリカ
 米ソの対立と協調/ピッグス湾事件/ミサイル
 危機/米ソの接近へ/福祉自由主義の時代と冷
 戦公民権/福祉自由主義の時代と偉大な社会計
 画

第8章 ベトナム戦争とアメリカ
 ジュネーブ協定/トンキン湾事件/和平交渉、
 パリ協定/反戦運動、公民権運動、対抗文化、
 政治的急進主義/アメリカ社会の分極化

第9章 多極外交とアメリカ
 米ソの二極構造の動揺/ド・ゴール外交と多極
 化/ニクソン=キッシンジャーの多極外交/大
 統領権限の強大化、ウォーターゲート事件

第10章 レーガン外交とアメリカ
 フォード、カーター時代/レーガン外交/新自
 由主義の経済へ/保守の政治、ガバナビリティ
 の危機

第11章 湾岸戦争とアメリカ
 冷戦の終焉、地域紛争/湾岸戦争/クリントン
 の内政と外交/リバータリアニズム、コミュニ
 タリアニズム

第12章 9・11事件、アフガン戦争、イラク戦争
    とアメリカ
 9・11事件とアフガニスタン戦争/テロとの戦
 い/イラク戦争/戦争の民営化/愛国者法

第13章 オバマ外交とアメリカ
 オバマ大統領の登場/オバマ政権の外交/オバ
 マの内政/ワンネーションのアメリカへ/2010
 年中間選挙での保守派の復活/党派対立の構造

第14章 大統領、官僚、議会
 大統領制の採用、立法部抑制のシステム/スポ
 イルズ・システム/大統領選挙/議会/議会の
 選挙制度

第15章 民主党、共和党
 国家連合から連邦国家へ/連邦憲法の制定/フ
 ェデラリストと反フェデラリスト、共和党と民
 主党/第三党

第16章 リベラル、保守、ネオコン
 思想的対立軸/リベラルと保守/ネオコンの思
 想

第17章 日米関係の構造
 日米経済摩擦/東芝機械のココム違反事件/F
 SX問題の発生/経済摩擦と軍事摩擦/レビジ
 ョニストの日本人論/経済・軍事・文化摩擦の
 複合

参考文献一覧
索引
 

本を探す

書籍キーワード検索

詳細検索

書籍ジャンル検索