書籍紹介

書籍名 新基本行政法学
著者 手島孝中川義朗
判型 A5判
頁数 340頁
発行年月 2011年12月
定価 本体3,300円+税
ISBN ISBN978-4-589-03377-2
本の説明 近時の動向を踏まえ構成を見直すとともに、一部執筆者の入れ替えを行いリニューアルした行政法の標準的教科書。コラムの創設により、研究者の本音や議論の背景に迫る。

    

第2版が刊行されております

この書籍は品切につき入手できません
目次 はしがき

◇第T部 行政と行政法の基礎◇

第1章 行政とは何か
 行政法で行政とは/学問的に行政とは/行政を
 スケッチすれば

第2章 行政法とは何か
 行政法とは/行政法の成立と発展/行政法の役
 割/現代行政法の意義と特色/行政法の法源

第3章 行政法と市民・民事法秩序
 行政法関係における市民の法的地位/行政上の
 特殊な法関係/行政法と民事法の補完/行政法
 と民事法との交錯/行政法規違反と私法上の効
 力/行政行為と法律行為の交錯


◇第U部 行政体と行政組織のしくみ◇

第4章 行政体の意義と種類
 行政体の意義/行政体の種類

第5章 国とその組織
 国の行政組織/その他の国の行政組織/国と地
 方公共団体との関係

第6章 地方公共団体
 地方公共団体の行政組織/地方公共団体の事務
 と権能/住民と地方行政

第7章 行政機関
 行政機関の意義と分類/行政庁の権限の委任と
 代理/行政機関相互の関係

第8章 行政体の人的要素
 公務員の意義・種別・任免/公務員の権利と義
 務


◇第V部 行政活動の法的しくみ◇

第9章 行政活動とは何か
 概説/行政活動の展開とその種類/行政過程と
 しての行政活動/行政活動における裁量性と被
 拘束性

第10章 行政による規範定立
 行政による規範定立の意義と種類/行政による
 規範定立をめぐる法的課題

第11章 行政行為
 行政行為の意義と分類/法律行為的行政行為と
 準法律行為的行政行為/命令行為、形成行為、
 および確定行為/行政行為の効力/行政行為の
 付款/瑕疵ある行政行為/行政行為の取消しと
 撤回

第12章 行政契約
 行政契約の意義と種類/行政契約をめぐる法的
 諸問題

第13章 行政計画と行政指導
 行政計画/行政指導

第14章 行政の実効性の確保手段(1)
 行政強制の意義と種類/行政上の強制執行/即
 時強制

第15章 行政の実効性の確保手段(2)
 行政罰の意義と種類/行政罰の特殊性/行政罰
 をめぐる問題点


◇第W部 行政活動の法的統制◇

第16章 行政事前手続のしくみ
 適正な手続保障の意義/行政手続の基本原理/
 行政手続をめぐる主な判例/行政手続法

第17章 情報管理制度
 情報公開法制/個人情報保護法関連法制/自己
 情報の開示をめぐる問題

第18章 行政調査
 行政調査の概念・即時強制との異同/行政調査
 と法律の根拠/行政調査の瑕疵と救済


◇第X部 国民の権利保護◇

第19章 行政救済のしくみ
 行政救済の意義/行政救済制度の内容

第20章 国家賠償
 公権力の行使に基づく損害の賠償責任/公の営
 造物の設置管理の瑕疵に基づく賠償責任/その
 他の賠償責任

第21章 損失補償
 損失補償の意義/損失補償の内容と程度/結果
 責任

第22章 苦情処理とオンブズマン制度
 苦情処理/オンブズマン・オンブズパーソン制
 度/機能拡充の要請と制度的課題

第23章 行政不服申立て
 行政不服申立ての意義と種類/不服申立ての提
 起と審理手続/裁決・決定

第24章 行政訴訟(1)
 総説/主観訴訟/客観訴訟

第25章 行政訴訟(2)
 取消訴訟の提起/原告適格と訴えの利益/取消
 訴訟の審理/取消訴訟の判決とその効力/執行
 停止と内閣総理大臣の異議/教示制度


事項索引
 

本を探す

書籍キーワード検索

詳細検索

書籍ジャンル検索