書籍紹介

書籍の購入は
こちら

書籍名 ピース・ナウ沖縄戦
副題 無戦世界のための再定位
著者 石原昌家
判型 A5判
頁数 214頁
発行年月 2011年12月
定価 本体2,000円+税
ISBN ISBN978-4-589-03380-2
ジャンル 平和学 歴史
本の説明 意図的な沖縄戦の捏造の動向分析を踏まえ、沖縄を拠点とした「軍事強化」へ警鐘を鳴らす。3.11を契機に「有事」への協力要請が高まるなか、平和創造のためのメッセージを発信する。

        
目次 まえがき

プロローグ…………………………………石原昌家

第1章 沖縄戦体験の認識は、なぜ共有されてい
    ないか……………………………石原昌家
 沖縄戦での住民被害の特異性/日本軍が沖縄住
 民に投降を許さなかったわけ/第32軍の県民指
 導方針―「軍官民共生共死の一体化」/住民殺
 害の命令・達し/「皇民化教育」の犠牲という
 のは、「一億総懺悔論」という根拠

第2章 「沖縄戦体験」を捏造した「援護法」の
    仕組み……………………………石原昌家
 はじめに/沖縄戦における集団自決という言葉
 の意味は何か/二歳児が日本軍部隊に所属して
 「靖国神社」に合祀されたわけ/「戦闘参加
 者」には「軍の命令」・「積極的戦闘協力」が
 必須条件/おわりに

第3章 沖縄地元紙社説に見る沖縄戦認識
     ―『沖縄タイムス』・『琉球新報』を
      通して……………………安良城米子
 はじめに/「集団自決」は行政用語/「国体
 (天皇制)護持」のため殺害―軍史料に見える
 「真実」/住民の集団死/住民に「共生共死」
 を強いる―戦闘意識不十分と軍部判断/新たな
 国の巧妙な「ワナ」―11万人余の抗議集会をう
 け皇民化教育記述強要 軍の強制性薄める/家
 永訴訟の認識共有化を/おわりに

第4章 歴史修正主義者らによる沖縄戦書き換え
         ……………………渡名喜守太
 はじめに/歴史修正主義の発生/沖縄戦の書き
 換え/おわりに

第5章 沖縄戦と有事法制……………渡名喜守太
 はじめに/日本軍の法的責任を問う意義/沖縄
 戦における住民の被害と日本軍の法的責任/国
 内法上の違法行為/国際法上の違法行為/第32
 軍の官民支配構造/国民保護法と治安維持/お
 わりに

補章1 3・11以後の諸問題…………渡名喜守太
 「国民保護」の限界と死の受容/有事体制構築
 への利用/沖縄の軍事拠点化への布石/今後の
 展開と沖縄の将来

第6章 有事法制下の日本・沖縄のいま
     ―「国民保護法」による「軍民一体意
      識」の形成…………………西岡信之
 中国漁船拿捕事件口実に、日米軍事一体強化狙
 う/沖縄全島軍事要塞化/中国の軍事力の台頭
 /有事体制のいま/国民保護法と国民保護計画

第7章 憲法九条・非暴力平和思想の具現化
     ―無防備地域宣言運動………西岡信之
 有事体制を地域から抗する無防備平和運動/那
 覇市の無防備平和条例制定運動/沖縄の平和思
 想の具現化

補章2 原子力「核」のない無戦世界を
     ―3・11福島原発事故を問う
         ………………………西岡信之
 フクシマとオキナワ/東電を支える政官財労学
 情の金権汚染ネットワーク/原発事故を口実に
 情報統制、有事体制へ

エピローグ―「無戦世界」実現のために
         ………………………石原昌家

あとがき
 

本を探す

書籍キーワード検索

詳細検索

書籍ジャンル検索