書籍紹介

書籍の購入は
こちら

書籍名 沈黙する人権
著者 石埼学遠藤比呂通
判型 四六判
頁数 298頁
発行年月 2012年5月
定価 本体3,200円+税
ISBN ISBN978-4-589-03431-1
ジャンル 憲法
本の説明 人権の定義・語り自体が、人間を沈黙させる構造悪であることを指摘し、根底にある苦しみによりそい、その正体に迫る。日本社会の差別の現状を批判的に分析。人権〈論〉のその前に。

目次 プロローグ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・石埼 学

第1章 ユートピアと人権
     ―従来の人権論の意義と限界
       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・石埼 学
 はじめに/人権とユートピア/理念・ファラン
 ステール・アサイラム/「調和人」の人権?/
 むすびに

第2章 人権教育再考
     ―権利を学ぶこと・
      共同性を回復すること
       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・阿久澤麻理子
 日本における人権教育をめぐる問題提起/ポス
 ト冷戦期における人権教育の「制度化」・世界
 と日本/人権教育の対象者は誰か/欠ける「責
 務の保持者」への視点/「市民」を対象とした
 人権教育/もう一つの方向性

第3章 セクシュアリティと人権
     ―「沈黙する主体」と「沈黙の権力」       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・志田陽子
 沈黙と演技のなかで生きる状況/「沈黙する主
 体」/「沈黙の権力」/人権の問題として考え
 ることの意味/もうひとつの「沈黙する主体」
 /真の私的領域尊重のために

第4章 家族と人権
     ―「家族」神話からの解放
       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・若尾典子
 私たちの家族観と憲法24条/「家」制度と憲法
 18条/前借金無効最高裁判決と民法90条/尊属
 殺規定と憲法14条/家族の歴史性と憲法24条

第5章 スティグマと人権
     ―精神保健福祉法批判・・・・・・石埼 学
 はじめに/スティグマ/精神保健福祉法/精神
 疾患は本当に「病気」なのか/むすびに

第6章 「原理論の語り」と人権
     ―フィンランドの無住居者政策
      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・遠藤美奈
 政策と原理論/フィンランドにおける無住居者
 への対応/『ドアに名前』/中間目標の達成と
 ピア・レビュー/「ドアに名前」の意味/広場
 の賢人たち

第7章 ヘイトクライムと人権
     ―いまそこにある民族差別・・・金 尚均
 人権が沈黙させられるとき/表現の自由の重要
 性とその限界/ヘイトスピーチに対する規制/
 ヘイトスピーチ規制は何を保護するのか

第8章 記憶の記録化と人権
     ―各々の世界の中心からみえる
      さまざまな憲法観を考えるために
       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・榎澤幸広 アイヌ民族に送られた手紙をきっかけに考える
 /1946年1月29日GHQ覚書から考える/二つの憲
 法観/多様な憲法観からみえてくるもの/多様
 な憲法観から考えるべきいくつかの方向性

第9章 「語り」をめぐる権力と人権
     ―被差別部落女性と発話の位置の政治
       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・熊本理抄
 強いられる「沈黙」・強いられる「語り」/部
 落解放運動が内包していた「語り」をめぐる権
 力構造/「語り」をめぐる権力構造の解体を求
 めて

エピローグ 人権・その根源を問う…遠藤比呂通
 

本を探す

書籍キーワード検索

詳細検索

書籍ジャンル検索