書籍紹介

書籍の購入は
こちら

書籍名 社会保険の法原理
著者 菊池馨実
判型 A5判
頁数 270頁
発行年月 2012年6月
定価 本体5,900円+税
ISBN ISBN978-4-589-03437-3
ジャンル 社会保障法
本の説明 社会保険の法的な意義と原理について根源的に再認識・再検討を試みる。役割と限界、税方式との比較など主要な論点・観点から考察。持続可能な社会保障制度を構築するために問い直す。

  
目次 はしがき

はじめに―本書の構成と概要・・・・・・・・・・菊池馨実

第1章 社会保険制度の特質と意義・・・・品田充儀
 混沌とする社会保険制度/問題の所在/社会保
 険制度の特徴/社会保険の税財源への移行要因
 /社会保険制度の改革視点/おわりに

第2章 新しい社会保険へのアプローチ
     ―民法から考える社会保険の理念
       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・嵩さやか
 はじめに/社会保険の現在と新たな論理的基盤
 の模索/日本の社会保険の現状と新たなアプロ
 ーチ/民法における連帯/民法における連帯と
 社会保険

第3章 社会保険方式と社会扶助方式
         (いわゆる税方式)
     ―老齢基礎年金の社会的扶助化を
                   中心に
       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・福田素生
 はじめに/主要国における老齢年金などの保障
 の仕組み/社会保険方式と社会扶助方式(いわ
 ゆる税方式)/老齢年金の保障の仕組み/社会
 保険による老齢年金制度

第4章 障害と社会保険
     ―若年障害者の所得保障の日独比較
       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・福島 豪
 はじめに/日本における若年障害者の所得保障
 /ドイツにおける若年障害者の所得保障/日独
 比較/おわりに

第5章 社会保険を中心とした
         所得保障の制度体系のあり方
     ―イギリスの老齢保険・生活保護・
      児童手当を参考に・・・・・・・・西村 淳
 問題意識/イギリス所得保障制度の変遷/イギ
 リス所得保障制度の体系/日本への示唆

第6章 社会保険における強制加入の一考察
     ―強制加入団体における強制性との
      比較を通して・・・・・・・・・・・・加藤智章
 はじめに―問題関心・検討アプローチ/強制加
 入団体における強制加入/団体構成員の協力義
 務/社会保険における強制加入/考察/むすび
 にかえて

第7章 保険者機能と財源方式
     ―NHSにおけるPCT等の運営主体と
         日本の保険者の比較を通して
       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・本田達郎
 はじめに/本章における保険者機能の定義/
 PCTと日本の保険者の沿革と法的位置づけ/保
 険者機能発揮に資すると考えられる両国の取組
 /PCTと健保組合をめぐる近年の状況/考察

第8章 公的医療保険における保険原理と
    社会原理の均衡点・・・・・・・・・・・・稲森公嘉
 はじめに/医療保険の対象者/保険料拠出/保
 険事故/保険給付/おわりに

第9章 介護保険の「保険性」・・・・・・・・新田秀樹
 はじめに―本章の目的/社会保障法学における
 社会保険の教科書的理解/介護保険の保険性の
 評価/おわりに―社会保険の保険らしさとは

第10章 介護保険における財源論・・・・・・小西啓文
 はじめに/介護保険の財源構造/事業者による
 介護報酬の不当利得に対する措置/むすびにか
 えて

第11章 長期失業・貧困と社会保険・・・・水島郁子
 はじめに/雇用保険は防貧の役割を果たしてい
 るか/雇用保険事業による第2のセーフティネ
 ット/社会保険の適用と保険料

終 章 社会保険の現代的意義と将来像
       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・菊池馨実
 はじめに/社会保障・税の一体改革と社会保険
 /審議会での改革論議と社会保険/財政制約の
 中での社会保険のあり方
 

本を探す

書籍キーワード検索

詳細検索

書籍ジャンル検索