書籍紹介

書籍の購入は
こちら

書籍名 史料からみる中国法史
著者 石岡浩川村康七野敏光中村正人
判型 四六判
頁数 240頁
発行年月 2012年7月
定価 本体2,500円+税
ISBN ISBN978-4-589-03442-7
ジャンル 法哲学・法社会学・法制史
本の説明 初学者に理解困難な史料を、現代日本語訳とやさしい語り口で読み解くユニークな入門書。
中国法の変遷を概観したうえで、法学入門的トピックを切り口に現代日本法と比較しつつ叙述。

    
目次 はしがき

第0講 本書は何を課題とするのか

◇第1部 法と刑罰◇
第1講 律令法体系はどのように
    形成されてきたのか:周から隋へ
第2講 律令法体系はどのように
    変容していったのか:唐から清へ
第3講 五刑の刑罰体系はどのように
    形成されてきたのか:周から隋へ
第4講 五刑の刑罰体系はどのように
    変容していったのか:唐から清へ

◇第2部 法と裁判◇
第5講 裁判はどのような構造をもったのか
第6講 裁判はどのように進められたのか
第7講 拷問はなぜ必要とされたのか
第8講 裁判官はどのように紛争をおさめたのか
第9講 誤判にはどのように対処したのか
第10講 法と道徳の抵触はどのように解決された
    のか

◇第3部 刑事法◇
第11講 犯罪と刑罰はどのように対応したのか
第12講 高齢者・年少者や障碍者はどのように
    扱われたのか
第13講 自首した者はどのように扱われたのか
第14講 正当防衛は認められたのか
第15講 共同犯罪はどのように扱われたのか
第16講 殺人はどのように類型化されたのか

◇第4部 家族法◇
第17講 婚姻はどのように行われたのか
第18講 離婚と再婚はどのように行われたのか
第19講 家産はどのように受け継がれたのか
第20講 男子がないときはどのように対処した
    のか

より深く学ぶための書籍目録
あとがき
 

本を探す

書籍キーワード検索

詳細検索

書籍ジャンル検索