• TOP 
  • > 書籍ジャンル検索
  • > 経済一般
  • > 〈政府〉の役割を経済学から問う

書籍紹介

書籍の購入は
こちら

書籍名 〈政府〉の役割を経済学から問う
著者 大西潤編著
判型 A5判
頁数 162頁
発行年月 2012年7月
定価 本体2,300円+税
ISBN ISBN978-4-589-03443-4
ジャンル 経済一般
本の説明 市場経済のなかの〈政府〉について、経済学的な観点からその役割・実像・課題および市民の政治参加のあり方などを考察する。公開講座の臨場感あふれる、生きた政治経済学の入門書。

  
目次 はじめに

第1章 市場と政府の役割を考える…長谷川雪子
  1 市場メカニズムとその限界
  2 政府の役割とは
  3 政府に求められる役割の推移
  ■解説:「一般政府」とは何か
       (本書でいう政府とは何を指すか)

第2章 政府は破綻するのか……………鷲見英司
  1 はじめに
  2 民主党政権の財政運営
  3 プライマリーバランスとは何か
  4 日本政府の危機的財政状況
  5 なぜ日本の財政危機は表面化しないのか
  6 財政破綻は起こるのか
  7 おわりに
  ■解説:政府の財政状況を
      純債務で捉えるのは正しいか

第3章 公共事業を仕分ける……………中東雅樹
  1 はじめに
  2 データから見る公共事業
  3 政府による資源の利用
  4 公共事業はどのように評価されているか
  5 これからの公共事業

第4章 市民と政府………………………澤村 明
  1 国家とは何か
  2 市 民

第5章 政権交代論………………………大西 潤
  1 選挙制度
  2 政治改革
  3 二大政党化と政党政治
  4 民主主義の2つのモデル
  5 おわにり
    ―選挙制度改革に関する若干の補足

索 引
執筆者紹介
 

本を探す

書籍キーワード検索

詳細検索

書籍ジャンル検索