書籍紹介

書籍の購入は
こちら

書籍名 労働審判制度の実態と課題/国際労働法の展開と課題/大震災と社会法の課題
シリーズ 日本労働法学会誌120号
著者 日本労働法学会
判型 A5判
頁数 296頁
発行年月 2012年10月
定価 本体3,700円+税
ISBN ISBN978-4-589-03460-1
ジャンル 学会誌
本の説明 《123回大会》特別講演:水野勝 シンポジウム報告T 報告U 報告V 個別報告
《回顧と展望》《日本学術会議報告》 ほか収録
目次 《特別講演》
労災補償の制度目的と認定基準について
          ……………………水野 勝

《シンポジウムT》労働審判制度の実態と課題
シンポジウムの趣旨と総括………………山川隆一
労働審判制度利用者調査の概要と制度効果の検証
          ……………………佐藤岩夫
労働審判制度利用者調査の分析結果と制度的課題
          ……高橋陽子・水町勇一郎
〈コメント〉個別的労働関係紛争解決システムの
      連携的運用…………………野田 進


《シンポジウムU》国際労働法の展開と課題
シンポジウムの趣旨と総括………………土田道夫
国際化と労働法……………………………野川 忍
国際労働関係法の展開と課題……………村上 愛
 ―国際私法学の観点から
グローバル化と労働法の抵触ルール……米津孝司
 ―法の適用に関する通則法を中心に

《シンポジウムV》大震災と社会法の課題
シンポジウムの趣旨と総括………………盛 誠吾
大震災と労働法…………………………早川智津子
 ―休業手当、解雇、労災問題を中心に
大震災と被災者の生活保障………………嵩さやか
 ―雇用保障を中心に
原発労働者と労働安全衛生………………佐藤正明

《個別報告》
企業の再建と労働関係……………………池田 悠
 ―再建型倒産手続における
  労働関係処理の日米比較を通じて
最低賃金と法規制・労使自治・生活保障
 ―日英仏の最低賃金規制の比較法的検討
          …………………神吉知郁子
フランス労働医が有する就労可能性判定機能の
史的形成と現代的展開……………………鈴木俊晴
ストレス関連疾患の労災認定……………田中建一
 ―厚生労働省労働基準局
  「精神障害の認定基準」を踏まえて
イギリス労働法における
労務提供契約の成立の二重構造……新屋敷恵美子

《回顧と展望》
労働組合法上の労働者概念………………小山敬晴
 ―国・中労委(ビクターサービスエンジニアリ
  ング)事件・最三小判平成24・2・21
  労判1043号5頁
会社更生手続下における整理解雇の有効性判断
 ―日本航空(運航乗務員整理解雇)事件・
  東京地判平成24・3・29労経速2144号3頁
          ……………………戸谷義治
労働者派遣制度の検討課題………………本庄淳志


日本学術会議報告………………………浅倉むつ子

日本労働法学会第123回大会記事
日本労働法学会第124回大会案内
日本労働法学会規約
SUMMARY
 

本を探す

書籍キーワード検索

詳細検索

書籍ジャンル検索