書籍紹介

書籍名 民法学の現在と近未来
著者 田井義信
判型 A5判
頁数 386頁
発行年月 2012年11月
定価 本体8,600円+税
ISBN ISBN978-4-589-03461-8
ジャンル 民法
本の説明 家族法の激動や債権法改正論議など従来の民法理論では十分対応できない現状がある。外国法をふまえた先端的分析から問題提起を行う。中川淳ほか学界の重鎮も寄稿。

  
目次 刊行を祝して
はしがき


 ◇T 民法総則・物権法◇

1 法律行為の無効と取消
    ―意思無能力・錯誤を中心に
     …………………………………中井美雄
2 民法94条2項類推適用法理の行方
    ―類推適用が認められるための真正権利
     者の帰責性要件をどう捉えるべきか
     …………………………………中山布紗
3 不実表示法制の現状と近未来展望
     ………………………………福田健太郎
4 表見代理理論の最前線
    ―本人帰責要件をめぐる民法110条の
     議論を中心に…………………西内祐介
5 動産売買先取特権制度の現状と近未来的課題
     …………………………………渡邊博己
6 抵当権・根抵当権の近未来的課題
     …………………………………吉岡伸一
7 非典型担保の近未来的課題
  流動集合動産譲渡担保と民事再生法との関係
    ―「流動性」と「特定性」について
     ………………………………町田余理子


 ◇U 債 権 法◇

8 「適切な医療行為を受ける期待権」の内実
     …………………………………橋口賢一
9 損害拡大防止義務……………………岡林伸幸
10 イギリス法上の債務不履行による
  損害賠償と原状回復
    ―Forsyth事件判決とBlake事件
     判決の示すもの………………田井義信
11 フランス法における過剰な保証に関する
  規律の交差
    ―比例原則と警告義務との関係を中心に
     ………………………………大澤慎太郎
12 居住に関する弱者への民法学の対応
     …………………………………大川謙蔵
13 労働契約における不当条項規制の近未来
    ―就業規則規制を中心に………石上敬子
14 類型論の観点から見る統一不当利得法の将来
     …………………………………村田大樹
15 三角関係型不当利得とドイツ民法675u条
     …………………………………瀧 久範
16 原状回復的賠償ノススメ……………廣峰正子
17 アメリカ公共信託理論の生成と展開
    ―Illinois Central v. Illinois判決
     (1892年)に着目して…………米谷壽代


 ◇V 親族法・相続法◇

18 同性婚と婚姻・婚姻意思……………鈴木伸智
19 ヨーロッパにおける夫婦財産制の
  動向について
    ―ヨーロッパ家族法委員会(CEFL)の
     活動の紹介……………………松久和彦
20 生殖補助医療の進歩と家族について
     …………………………………小川富之
21 親権法における身上監護権(素描)
     …………………………………中川 淳
22 面会交流の第三者関与
    ―ドイツ法を素材として………遠藤隆幸
23 子の奪取に関する
  ハーグ条約への加盟と子の引渡請求事件
    ―迅速返還原則とドイツ親子関係法
     …………………………………常岡史子
24 フランス2006年相続法改正の問いかけ
     …………………………………伊藤昌司
25 後継ぎ遺贈と受益者連続型信託のすみわけ
     …………………………………稲垣明博
 

本を探す

書籍キーワード検索

詳細検索

書籍ジャンル検索