書籍紹介

書籍の購入は
こちら

書籍名 日本の中央−地方関係
副題 現代型集権体制の起源と福祉国家
著者 市川喜崇
判型 A5判
頁数 278頁
発行年月 2012年11月
定価 本体5,400円+税
ISBN ISBN978-4-589-03466-3
ジャンル 行政・地方自治
本の説明 明治以来の集権体制は、いつ、いかなる要因で、現代福祉国家型の集権体制に変容したのか。現代国家型の中央−地方関係の形成時期と形成要因を探り、その歴史を包括的に解釈し直す。
〔日本公共政策学会2013年度著作賞受賞〕

  
目次 はじめに


◇第T部 課題と視角◇

第1章 福祉国家における集権と分権
 問題の所在―戦前戦後の連続(温存)・断絶・
 変容と福祉国家/集権・分権と近代国家・福祉
 国家―予備的考察/行政学創成期の「新中央集
 権」論/本書の主要概念および歴史叙述の特徴
 /先行業績の検討/ 時期区分


◇第U部:歴史篇 集権体制の変容◇

第2章 戦時期:旧体制のもとでの機能的集権化
    の進行
 内務省−府県体制/地方行政の膨張と変容/戦
 時地方制度改革/小括

第3章 占領改革期:
    旧体制の終焉と機能的集権体制の成立
 内務省−府県体制の終焉―憲法制定と第1〜3次
 地方制度改革/連合国軍総司令部と機能的集権
 化/小括

第4章 機能的集権体制の中の総務省:
    「連動システム」の形成とその管理


◇第V部 福祉国家と分権改革◇

第5章 中央−地方関係史の包括的再解釈
 歴史篇のまとめ―集権体制の変容/中央−地方
 関係史の日本的特殊性/福祉国家と中央−地方
 の共管領域/戦後の地方分権改革の諸構想と近
 年の分権改革の再解釈/小括


おわりに


〔補論〕教育行政と機能的集権化

あとがき
参考文献
索引
 

本を探す

書籍キーワード検索

詳細検索

書籍ジャンル検索