書籍紹介

書籍の購入は
こちら

書籍名 ハーグ条約と子の連れ去り
副題 ドイツの経験と日本への示唆
著者 半田吉信
判型 A5判
頁数 282頁
発行年月 2013年1月
定価 本体6,800円+税
ISBN ISBN978-4-589-03470-0
ジャンル 民法
本の説明 国境を越えた子の連れ去りはいまや深刻な国際問題になっている。ドイツのハーグ条約加盟から現在までの連れ去り事例の経過を取り上げ、加盟に向け準備を進める日本に示唆を与える。

    
目次 はじめに


■第T部■国境を越えた子の連れ去りと
     従来の日本の実務

第1章 子の返還に関する従来の日本の実務
 1 はじめに
 2 子の日本国への連れ去り(1)
 3 子の日本国への連れ去り(2)
 4 子の外国への連れ去り

第2章 子の連れ去りに関するハーグ条約
 1 はじめに
 2 中央当局の役割
 3 返還原則と返還拒絶の抗弁
 4 返還手続と返還命令の執行
 5 面会交流権
 6 調停の推奨
 7 ハーグ国際私法会議による条約の吟味


■第U部■ドイツでの議論と近時の裁判例

第1章 ドイツにおけるハーグ条約の適用
 1 はじめに
 2 外国からドイツへの子の連れ去り
 3 ドイツから外国への子の連れ去り

第2章 ドイツ国内裁判所の葛藤
     ―導入後15年間の経緯
 1 1990年代の事件
    (ドイツ連邦憲法裁判所の判断)
 2 ティーマン事件(ドイツ−フランス間)
 3 2000年代の裁判例

第3章 現在の裁判例―ドイツのヨーロッパ化
 1 常居所地の親の監護権(違法性)
 2 返還原則の貫徹
 3 返還拒絶の抗弁事由
 4 連れ去った親が刑事訴追される危険
 5 一時的監護権(面会交流権)
 6 まとめ


■第V部■ハーグ条約の日本への導入に伴う
     問題点

第1章 ハーグ条約の理念と国内法
 1 はじめに
 2 親権―単独親権か共同親権か
 3 面会交流権の重視
 4 訴訟扶助、訴訟手続、履行確保手段
 5 アンダーテイキング(引受け)

第2章 ドメスティックヴァイオレンスとの関係
     ―最大のネック
 1 ドメスティックヴァイオレンスと
   ハーグ条約13条1項b
 2 親子の救済策

第3章 国内施行法の制定
 1 国内施行法の制定過程
 2 移行措置
 3 まとめ

結び

事項索引
法令・条文索引
 

本を探す

書籍キーワード検索

詳細検索

書籍ジャンル検索