• TOP 
  • > 書籍ジャンル検索
  • > 社会学
  • > 大災害と犯罪

書籍紹介

書籍の購入は
こちら

書籍名 大災害と犯罪
著者 斉藤豊治
判型 A5判
頁数 242頁
発行年月 2013年3月
定価 本体2,900円+税
ISBN ISBN978-4-589-03478-6
ジャンル 刑事法 社会学
本の説明 3.11を含む国内外の大災害と犯罪、さらには原発問題と企業・環境犯罪について、災害の類型×時間的変化×犯罪の類型という定式に基づき学術的に整理、検証。理性的で適切な犯罪対策を模索する。

  
目次 はしがき


◆◆第T部 大災害と犯罪◆◆

■総 論――――――――――――――――

第1章 大災害後の犯罪…………………斉藤豊治
 はじめに/災害の類型/災害時の犯罪の類型/
 災害の時間的経過と犯罪問題/むすびに

■過去の大災害と犯罪――――――――――

第2章 阪神・淡路大震災後と
    関東大震災後の犯罪現象の比較
         ………………………平山真理
 はじめに/関東大震災後の犯罪現象/阪神・淡
 路大震災後の犯罪現象/2つの大震災後の犯罪
 現象の比較/むすびに

第3章 阪神・淡路大震災後の犯罪現象
         ………………………岡本英生
 はじめに/犯罪学理論による災害と犯罪との関
 係についての説明/震災と犯罪との関係/今後
 の大災害に備えるために

第4章 阪神・淡路大震災後の犯罪防止活動
         ………………………松原英世
 はじめに/日常活動理論/なぜ震災後に犯罪は
 増加しなかったのか/本分析からの示唆

■海外の大災害と犯罪――――――――――

第5章 ハリケーン・カトリーナ後の
    アメリカ南部の危機
         ……エミリー・ベースロット
 はじめに/カトリーナ後のニュー・オーリンズ
 の都会の下層民と社会解体/ニュー・オーリン
 ズ、そしてヒューストンの発達する都市におけ
 る社会解体/暴力犯罪と社会解体についてのデ
 ータと尺度/記述分析/統計的な分析、議論、
 そして結論

■東日本大震災と犯罪――――――――――

第6章 東日本大震災の津波への対応は
    適切だったか……………………横山 実
 はじめに/防災/予兆/津波への対応/避難行
 動/むすびに

第7章 東日本大震災における助け合いと犯罪
          ……………………阿部恒之
 東日本大震災の被害概況/秩序ある被災生活/
 被災生活の実態/警察庁の統計にみる被災地の
 犯罪実態/新たな懸念/むすびに


◆◆第U部 原発と企業・環境犯罪◆◆

第8章 犯罪学からみた原発事故………竹村典良
 はじめに/情報非公開・情報統制による放射能
 汚染・被曝の拡大/日本における原発の「政治
 経済学」/原発は「安全な万能薬」か「カタス
 トロフィの源」か/未曾有の全面的放射能汚染
 の脅威と半永久的な事故処理・被曝影響追跡調
 査・治療/原発複合体による環境犯罪とグリー
 ン犯罪学/複雑性(カオス、偶発性、臨界)と
 原発事故の発生/むすびに

第9章 経済・企業犯罪研究からみた
    福島原発事故………マイケル・レヴィ&
         トム・ホーリック−ジョンズ
 はじめに/福島原発事故/災害、日本の被害者
 的地位、広島の記憶としての福島/福島と自然
 による危険/ずさんな計画と日本の制度的麻痺
 から生じたものとしての福島/企業犯罪として
 の福島?/これらの説明は調和されうるか

第10章 地震・断層研究からみた
    柏崎刈羽原発の危険性と福島原発事故
          ……………………立石雅昭
 はじめに/震源断層の想定の誤りのくり返し/
 地震の伝搬・増幅過程に関する知見の不備/付
 属諸施設の耐震性の脆弱性/自然現象への敬虔
 な念を抱かない傲慢な「安全神話」/安全性を
 検証する組織、規制機関の不備/産官学の癒着
 構造

第11章 原発訴訟弁護団からみた
    浜岡原発の危険性と福島原発事故
          ……………………青木秀樹
 原発の危険性を直視しなかった立法・行政・司
 法/これまでの安全性判断の枠組みおよび判断
 基準/浜岡原発の危険性と不当な第一審判決/
 福島原発事故から考えるべきこと

第12章 福島原発事故と刑事責任………松宮孝明
 はじめに/要員の危険回避と刑事責任/原子力
 災害に関して想定すべき危険を見誤ったことに
 関する過失責任/適切な対応によって危険を低
 減する義務と過失/刑事責任の追及と事故調査

終 章 近未来の大災害と犯罪に備える
          ……………………斉藤豊治
 迅速な救援活動の重要性/住民による自主的な
 犯罪予防活動/正確な情報の提供と「絆」の質
 /大災害後の「略奪」を考える/原発事故と刑
 事責任
 

本を探す

書籍キーワード検索

詳細検索

書籍ジャンル検索