書籍紹介

書籍の購入は
こちら

書籍名 労働関係と社会保障法
副題 荒木誠之先生米寿祝賀論文集
著者 良永彌太郎柳澤旭
判型 A5判
頁数 292頁
発行年月 2013年1月
定価 本体7,000円+税
ISBN ISBN978-4-589-03481-6
ジャンル 社会保障法 記念論集・個人全集・講座
本の説明 荒木誠之先生米寿祝賀論文集
社会保障の法理論を労働法あるいは労働関係との相互関連性から構築した荒木理論をアクチュアルな状況をふまえ再定位。労災補償の生活保障論、社会保障の法体系論にかかわる論点を考察。

  
目次 はしがき

第1章 社会保障法における
          労働者保険の相対的独自性
     ―荒木教授の所説について
         ……………………良永彌太郎
第2章 労災保険の発展と
         労災補償についての荒木理論
         ……………………西村健一郎
第3章 労働災害の法理―労災防止と労災補償
         ………………………柳澤 旭
第4章 失業労働法の今日的意義―求職者法試論
         ………………………丸谷浩介
第5章 最低生活保障給付と雇用促進政策
     ―荒木理論を手がかりとして
         ………………………石橋敏郎
第6章 児童扶養給付に関する法理論的検討
     ―児童手当を中心に
         ………………………山田 晋
第7章 社会福祉における
          給付別体系論の意義と役割
     ―荒木社会保障法論の検討
          ……………………阿部和光

荒木誠之先生略年譜・著作目録
 

本を探す

書籍キーワード検索

詳細検索

書籍ジャンル検索