書籍紹介

書籍の購入は
こちら

書籍名 都市法概説〔第2版〕
著者 安本典夫
判型 A5判
頁数 358頁
発行年月 2013年3月
定価 本体3,200円+税
ISBN ISBN978-4-589-03484-7
ジャンル 行政法
本の説明 都市住宅法務の基本的骨格と機能を概説した体系的教科書。判例や理論的問題に言及するとともに、図解を多用し、難解な法理の理解を助ける。初版刊行(08年)以降の動向をふまえた最新版。

    

2017年9月 改訂版刊行予定
目次 第2版はしがき
はしがき
凡 例

序 章 都市法とは何か

◇第T部 国土と都市の計画◇
第1章 国土法制と都市法制
第2章 都市計画法制の展開と構造
第3章 都市計画の決定

◇第U部 都市空間の規律◇
第4章 土地利用計画
第5章 開発許可制度
第6章 建築規制
第7章 都市景観

◇第V部 都市空間の形成と整備◇
第8章 道路等の建設
第9章 区画整理と再開発事業
第10章 住宅法

◇第W部 都市行政の手法と紛争処理◇
第11章 都市のルール
第12章 都市行政の仕組み・手法
第13章 都市空間をめぐる紛争とその解決
第14章 土地をめぐる損失と利益の調整

判例索引
事項索引
 

本を探す

書籍キーワード検索

詳細検索

書籍ジャンル検索