書籍紹介

書籍名 年金保険法〔第3版〕
副題 基本理論と解釈・判例
著者 堀勝洋
判型 A5判
頁数 670頁
発行年月 2013年3月
定価 本体7,200円+税
ISBN ISBN978-4-589-03491-5
本の説明 年金保険法の体系全般にわたり、制度趣旨および目的を丁寧に解説した最新版。第2版刊行(11年)後の法改正をふまえ、60頁増の大幅な加筆・修正を施す。まだ施行されない諸法は旧法と併記した。

    

第4版が刊行されております

この書籍は品切につき入手できません
目次 第3版への序文
初版への序文
注意事項及び凡例


◇第T編 年金保険法の基本理論◇

序 説

第1章 「年金」及び「保険」の意義

第2章 公的年金保険


◇第U編 国民年金法及び厚生年金保険法◇

序 説

第3章 保険者、被保険者、適用事業所、国際社
    会保障協定、標準報酬及び不服申立て

第4章 保険給付総論

第5章 保険給付各論(老齢給付)

第6章 保険給付各論(障害給付)

第7章 保険給付各論(遺族給付)

第8章 保険財政


引用文献
判例索引
事項索引
 

本を探す

書籍キーワード検索

詳細検索

書籍ジャンル検索