書籍紹介

書籍の購入は
こちら

書籍名 なぜ人を殺してはいけないのか
副題 法哲学的思考への誘い
著者 青山治城
判型 A5判
頁数 168頁
発行年月 2013年3月
定価 本体2,100円+税
ISBN ISBN978-4-589-03501-1
ジャンル 法哲学・法社会学・法制史 哲学・倫理学
本の説明 ごく当たり前のように見える規範命題への問い。しかしこの問いに真っ当に答えることは意外と難しい。本書は、法を根源的に考える思考法へと導くスリリングな案内書。

  
目次 まえがき

序 章 「心の内戦」と「法の力」
★Column0 映画『Es』

第1章 「なぜ」という問いの意義
 行為の「なぜ」/義務論/功利主義/存在論
★Column1 NHK ETV特集『永山則夫 100時間の告
      白―封印された精神鑑定の真実』

第2章 殺してはいけない「人」とは何か
 ヒトと「人間」/自分と他人/胎児、嬰児、脳
 死者/人権とその主体
★Column2 映画『評決のとき』

第3章 「殺す」とはどういうことか
 死の意味/自死から自殺へ(死の自己決定?)
 /死刑と戦争/自由意志と行為の責任
★Column3 NHKスペシャル『終戦特集ドラマ・気
     骨の判決』

第4章 「いけない」とはどういうことか
 自然法論/法実力説/法実証主義/善と正義
★Column4 映画『日独裁判官物語』

第5章 法的正義と法的責任
 日本人の法感覚/法の権威/法的正義と法的責
 任

あとがき
参考文献
 

本を探す

書籍キーワード検索

詳細検索

書籍ジャンル検索