書籍紹介

書籍の購入は
こちら

書籍名 改革期の刑事法理論
副題 福井厚先生古稀祝賀論文集
著者 浅田和茂葛野尋之後藤昭高田昭正中川孝博編集委員
判型 A5判
頁数 550頁
発行年月 2013年6月
定価 本体14,000円+税
ISBN ISBN978-4-589-03523-3
ジャンル 刑事法 記念論集・個人全集・講座
本の説明 福井厚先生古稀祝賀論文集
「未決拘禁制度改革の理論」を中心に、「刑事訴訟法・警察法」「刑法・刑事政策」にも目配せし、刑事司法改革を総合的に考察。新時代の刑事法理論の来し方行く末を批判的に論じる。

目次 序文


◇第T部◇未決拘禁制度改革の理論

逮捕前置主義の意義とその展開…………緑 大輔

フランスの警察留置法制の現在…………白取祐司

勾留の相当性・序説………………………中川孝博

未決拘禁期間を規制する原理としての
 「身体不拘束の原則」…………………斎藤 司

起訴前勾留の目的と被疑者取調べ
 ―取調べ目的の身体拘束の禁止―
   ………………………………………石田倫識

取調べ受忍義務否定説の理論的基礎
 ―身体・行動の自由との関係―
   ………………………………………豊崎七絵

接見指定権の原理的問題…………………後藤 昭

ドイツにおける勾留状執行猶予の取消しについて
   ………………………………………山名京子

上訴取下の有効性を争う審理続行申立手続と
弁護権………………………………………葛野尋之

少年に対する勾留制限の史的構造………武内謙治


◇第U部◇刑事訴訟法・警察法

訴因変更の要否に関する平成十三年判例への疑問
   ………………………………………木谷 明

裁判員裁判が適正であるために必要な水準
   ………………………………………渕野貴生

伝聞概念の一素描…………………………高田昭正

科学的証拠の「科学化」に向けて
 ―米国科学アカデミー報告書から
  何を学ぶべきか―
   ………………………………………笹倉香奈
目撃供述の許容性とその収集の手続化
 ―アメリカ法の新動向を中心として―
   ………………………………………岡田悦典

裁判員による証人等への質問制度について
   ………………………………………徳永 光

裁判員裁判と事実認定
 ―山口地裁平成二四年七月二五日判決の検討―
   ………………………………………内田博文

警察車両による追跡と個人の生命・身体の保護
   ………………………………………三島 聡


◇第V部◇刑法・刑事政策

不真正不作為犯の未遂……………………金澤真理

政治資金規正法における規範的構成要件要素の
認識について………………………………松宮孝明

主観的事実の立証と実体刑法の改正……浅田和茂

死刑存廃論議における誤判冤罪問題の位相
   ………………………………………本庄 武


福井厚先生 略歴・主要著作目録
 

本を探す

書籍キーワード検索

詳細検索

書籍ジャンル検索