書籍紹介

書籍の購入は
こちら

書籍名 無印都市の社会学
副題 どこにでもある日常空間をフィールドワークする
著者 近森高明工藤保則
判型 A5判
頁数 280頁
発行年月 2013年8月
定価 本体2,600円+税
ISBN ISBN978-4-589-03531-8
ジャンル 社会学
本の説明 「今、ここにいる自分」から社会学するための指南書。日常の「あるある」を記述しながら、その条件を分析することで、都市空間とその経験様式に対する社会学的反省の手がかりをえる。

  
目次  ■T 無印都市のフィールドワーク■
1章 無印都市とは何か?
2章 都市フィールドワークの方法と実践
 Column1 宝探しに出かけよう!
              〔資料収集方法〕

 ■U 無印都市の消費空間■
3章 人見知りどうしが集う給水所〔コンビニ〕
4章 消費空間のスタイルがせめぎあう場所
             〔大型家電量販店〕
 Column2 コミュニケーションのネタとしての
      北欧インテリア〔イケア〕
5章 安心・安全なおしゃれ空間
              〔フランフラン〕
6章 「箱庭都市」の包容力
           〔ショッピングモール〕
7章 目的地化する休憩空間
            〔パーキングエリア〕
 Column3 都市はアイドルを育て、
      そして消費する
        〔AKB48劇場/AKB48ショップ〕

 ■V 無印都市の趣味空間■
8章 孤独と退屈をやりすごす空間
               〔マンガ喫茶〕
9章 匿名の自治空間〔パチンコ屋〕
 Column4 縦長店舗と横長店舗〔東急ハンズ〕
10章 味覚のトポグラフィー〔ラーメン屋〕
11章 「快適な居場所」としての郊外型複合書店
           〔TSUTAYA/ブックオフ〕
 Column5 グローカル化するカラオケ・
      コミュニケーション〔カラオケ〕

 ■4 無印都市のイベント空間■
12章 目的が交差する空間〔フリーマーケット〕
 Column6 イベントとしての「街」
      〔イベント空間としてのテレビ局〕
13章 「場」を楽しむ参加者たち〔音楽フェス〕
14章 順路なき巨大な展示空間
          〔アートフェスティバル〕
 Column7 ガラスケースのなかの演奏
       〔ストリート・パフォーマンス〕

 ■X 無印都市の身体と自然■
15章 都市をこぐ〔自転車〕
 Column8 「他者に身を任せる」ことの快楽
              〔マッサージ店〕
16章 都市空間を飼いならす
           〔フィットネスクラブ〕
 Column9 欲望なんてラウンドワンが
      教えてくれる〔ラウンドワン〕
17章 ビーチの脱舞台化・湘南
          〔都市近郊の海浜ゾーン〕

 ■Y 無印都市の歴史と伝統■
18章 すぐそこのアナザーワールド〔寺社巡礼〕
 Column10 オルタナティブな「アキバ」として
             〔アニメ聖地巡礼〕
19章 構築され消費される聖と癒し
            〔パワースポット〕
 Column11 ミーハーを超えるか?〔歴女〕
20章 不親切な親切さに満ちた空間〔寄席〕

あとがき
 

本を探す

書籍キーワード検索

詳細検索

書籍ジャンル検索