書籍紹介

書籍の購入は
こちら

書籍名 脱原発のための平和学
著者 国際基督教大学平和研究所
判型 A5判
頁数 226頁
発行年月 2013年9月
定価 本体2,800円+税
ISBN ISBN978-4-589-03539-4
ジャンル 平和学
本の説明 3.11を契機とし、「核」のない平和な世界の創造へ向け、批判的かつ創造的に社会のあり方を提言する。領域横断的な思考と対話を提示。小出裕章氏、秋山豊寛氏、吉原毅氏ほか寄稿。

    
目次 はしがき

第1章 まやかしの原子力平和利用……小出裕章
 原爆製造のための中心技術としての原子炉/ま
 やかしの平和利用/日本は「法治国家」か/変
 わってしまった世界のなかで/日本が原子力を
 諦めない本当の理由
 ■ダイアログ 対談者:坂本義和

第2章 原子力災害における健康被害と
    長期的課題
     ―チェルノブイリ原発事故医療支援の
      経験を通して
        …………………………菅谷 昭
 なぜチェルノブイリの教訓を学ばないのか/25
 年先を行くチェルノブイリ/改めて、放射線被
 ばくについて/チェルノブイリ事故後の健康被
 害/長期の低線量被ばくの影響/除染対策につ
 いて/学童等の集団移住の検討
 ■ダイアログ 対談者:西尾 隆

第3章 原発に頼らない安心できる社会へ
     ―地域金融機関の役割
        …………………………吉原 毅
 効率だけでは企業は成り立たない/お金が暴走
 する時代に/株式会社に欠けているもの―協同
 組合運動の意義/お金の弊害にどう対抗するか
 /「原発に頼らない安心できる社会」の実現を
 目指して
 ■ダイアログ 対談者:岩井克人

第4章 どう一矢を報いるか
     ―阿武隈での農ある暮らしから
      追われて
        …………………………秋山豊寛
 原発難民となって/マイノリティの正義はどこ
 へ/思考を代行させてはいけない/一矢を報い
 る方法
 ■ダイアログ 対談者:田坂興亜

第5章 人権の視点から見た福島原発事故
        …………………………伊藤和子
 人権が危機に晒されている/ヒューマンライツ
 ・ナウの提言/提言の根拠/政府、東京電力が
 とるべき具体的な措置/人権侵害を構造化させ
 ない
 ■ダイアログ 対談者:稲 正樹

第6章 自然エネルギーの国際潮流
     ―持続可能なエネルギー政策の始まり
        …………………………大林ミカ
 なぜ自然エネルギーなのか/自然エネルギーの
 国際潮流/日本での自然エネルギー推進に向け
 て
 ■ダイアログ 対談者:毛利勝彦

第7章 市民自治から始まる「緑の党」の挑戦
        …………………………漢人明子
 緑の党が政治を変える/緑の社会ビジョン/市
 民自治・住民自治の実践から/新たな放射能汚
 染と向き合う
 ■ダイアログ 対談者:木部尚志

第8章 脱原発の憲法学…………………中里見博
 福島原発「事件」と市民の脱原発志向/市民は
 自民党=原発維持を選択したのか/国民主権の
 再起動と発動/新しい人権の創造―「環境的生
 存権」の提唱
 ■ダイアログ 対談者:寺田麻佑

第9章 脱原発社会とエコロジー………千葉 眞
 東日本大震災の衝撃と「戦後」の終わり/安全
 と共生/シューマッハーの知恵に学ぶ/3.11後
 の日本と世界
 ■ダイアログ 対談者:中野佳裕

第10章 原子力安全規制政策の変遷……大森佐和
 聞き入れられなかった警告/原子力政策・原子
 力規制政策の変遷/福島第1原発事故後の原子
 力政策と原子力安全規制行政における変化/
 「鉄の三角形」と「非決定の決定」
 ■ダイアログ 対談者:高澤紀恵

第11章 持続可能な開発の罠……………毛利勝彦
 なぜ「原発震災」を防ぐことができなかったの
 か/平和的側面の罠/経済的側面の罠/社会的
 側面の罠/環境的側面の罠/罠から解放された
 再生へ
 ■ダイアログ 対談者:大森佐和
 

本を探す

書籍キーワード検索

詳細検索

書籍ジャンル検索