書籍紹介

書籍の購入は
こちら

書籍名 〈優生〉・〈優境〉と社会政策
副題 人口問題の日本的展開
著者 杉田菜穂
判型 A5判
頁数 330頁
発行年月 2013年10月
定価 本体6,300円+税
ISBN ISBN978-4-589-03540-0
ジャンル 家族・生活問題
本の説明 1920〜70年代の人口の〈質〉をめぐる生と環境の改善=生活政策の形成・発展を、永井亨や北岡壽逸を軸にたどり、生活政策論の系譜を描き出す。さらに、大河内理論を相対化することで、日本社会政策論の史的特質に迫る。

  
目次 はしがき

序 章 課題と方法

◇第T部◇ 優生・優境思想と社会政策

第1章 優境概念の展開
 ―池田林儀を中心に

第2章 社会衛生学の形成
 ―暉峻義等を中心に

第3章 少年教護法にみる優生思想
 ―富士川游を中心に

補論1 エレン・リチャーズの優境思想と日本

◇第U部◇ 人口問題からみた社会政策論史

第4章 人口政策論

第5章 社会政策から人口政策へ
 ―永井亨を中心に

第6章 出生促進から家族計画へ
 ―北岡壽逸を中心に

補論2 女性問題論と社会政策

◇第V部◇ 社会政策論の日本的特質

第7章 社会政策本質論争再考
 ―戦前から戦後へ

第8章 農繁期託児所と社会政策
 ―1930年代の一断面

第9章 戦時社会政策と社会事業
 ―大河内一男・海野幸徳・沼佐隆次

補論3 前著『人口・家族・生命と社会政策』へ
 の書評に応える

終 章 社会科学のなかの社会政策と人口問題

附論:書評

引用・参考文献
あとがき
初出一覧
関連年表
索 引(事項・人名)
 

本を探す

書籍キーワード検索

詳細検索

書籍ジャンル検索