書籍紹介

書籍の購入は
こちら

書籍名 労働条件の決定・変更と労働者の同意/ワークルール教育の意義と課題/男女雇用機会均等法をめぐる理論課題の検討
シリーズ 日本労働法学会誌126号
著者 日本労働法学会
判型 A5判
頁数 248頁
発行年月 2015年10月
定価 本体3,400円+税
ISBN ISBN978-4-589-03705-3
ジャンル 学会誌
本の説明 《129回大会》特別講演:萬井隆令 ミニシンポT:唐津博/奥田香子/石田信平/土田道夫 ミニシンポU:道幸哲也/國武英生/淺野高宏/開本英幸 ミニシンポV:浅倉むつ子/山川隆一/相澤美智子/富永晃一/神尾真知子 個別報告:石ア由希子/植村新/黒岩容子/鄒庭雲 《回顧と展望》和田肇/河野尚子 ほか収録
目次 《特別講演》
労働法解釈の在り方について
 ―実態の把握,分析,法理論化― …萬井隆令

《シンポジウムT》
労働条件の決定・変更と労働者の合意

趣旨と総括 ………………………………唐津 博
労働条件決定規範の法的構造と「合意原則」
     …………………………………奥田香子
就業規則による労働条件決定
 ―採用時の合意と労契法7条の関係性―
     …………………………………石田信平
労働条件の集団的変更と労働者の合意
 ―合意原則と就業規則法制・法理の相克―
     …………………………………土田道夫

《シンポジウムU》
ワークルール教育の意義と課題

ワークルール教育の課題―ミニシンポでの論議―
     …………………………………道幸哲也
ワークルール教育の基本的視点
 ―総論的課題の考察を中心に―
     …………………………………國武英生
労働紛争処理・解決と労働者に対するワークルー
 ル教育 …………………………………淺野高宏
使用者に望まれるワークルール教育
     …………………………………開本英幸
   
《シンポジウムV》
男女雇用機会均等法をめぐる理論課題の検討

趣旨と総括 ………………浅倉むつ子・山川隆一
均等法30年の法社会学的考察
     ………………………………相澤美智子
差別禁止法理の基本的概念に関する試論
 ―性差別禁止を基本的モデルとして―
     …………………………………富永晃一
男女雇用機会均等法の立法論的課題
     ………………………………神尾真知子

《個別報告》
疾病による労働契約の終了―疾病休職・復職過程
 における法的規律の日独比較―
     ………………………………石ア由希子
労働協約締結権の再構成―ドイツにおける協約能
 力の議論を契機として―
     …………………………………植村 新
EU性差別禁止法の展開
 ―実質的平等法理生成の意義と課題―
     …………………………………黒岩容子
労働者派遣における契約関係をめぐる法的考察
 ―派遣労働契約を中心に―
     …………………………………鄒 庭雲

《回雇と展望》
フランチャイジーの労組法上の労働者性
 ―ファミリーマート事件・東京都労委決平27・
 4・16―
     …………………………………河野尚子
労働基準法の労働時間規定の改正案
     …………………………………和田 肇

日本労働法学会第129回大会記事
日本労働法学会第130回大会案内
日本労働法学会規約
SUMMARY
 

本を探す

書籍キーワード検索

詳細検索

書籍ジャンル検索